学力・教育・塾

【教育専門家】スマイルゼミの口コミ評価と評判~小学生版の効果は?~

更新日:

タブレット教材・スマイルゼミの効果はあるのか、ないのか? 教育業界20年、小学生・中学生・高校生、全てへの指導経験がある専門家が、タブレット教材・スマイルゼミの口コミ評価・評判を掲載します。

広告

小学生の将来を決める 教材選びの重要性

日本の経済力は、2015年に、第3位から26位まで後退しました(1人当たりの名目GDP)。

  • 高度成長期:誰でも就職でき、終身雇用制によって、定年までの活躍が保証された。年金もバッチリ。
  • 現在:就職率改善が伝えられるが、成長期・バブル期には遠く及ばない。厳しい勤務条件や待遇が一般化し、やむなく転職を繰り返す人が増加。

教育業界20年、教え子の将来を見ていると、大学ならばMARCH(関関同立)以上が必須となる社会情勢です。

  • MARCH以上:継続的努力で、大手~安定企業に就職できる学生が多い。
  • 日東駒専以下:相当な強み(体育会所属など)がない限り、飲食・サービス・営業系の中小企業への就職が目立つ。

以前に比べ、小学校の段階から、5教科を積み上げてゆく必要性は高くなっています。

教科 意義
国語 学習・思考の根幹となる科目。仕事の成果に直結し、収入などを決定づける重要科目。
算数 就職率や待遇の良い理系を選択肢に入れるなら必須。
理科 将来就職に直結する、物理・化学系単元には、特に注力したい。
社会 文系として育てるなら必須。公民系の単元に、特に注力したい。
英語 英語人口は17.5億。進路やビジネスの可能性を13倍に広げる重要な科目。

教材選び、塾選びに失敗すれば、子どもは将来、不本意な職場で苦しむ可能性が非常に高くなります。この記事では、この状況を踏まえ、主婦の体験談のレベルではない、正確な教材診断を行ってゆきます。

広告

【結論】学習タブレット スマイルゼミの口コミ・評価・評判

結論から言えば、スマイルゼミ小学生版は、学力中位の層におすすめできる学習機器です。なぜなら、導入や動機づけは丁寧ですが、ある程度自習できる能力や性格が必要であり、このバランスは、学力中位層にマッチするものだからです。

学力下位層、上位層はどうすればよいの?

  • 学力下位層 … ひとりで教材に取り組むのは苦手。親が横にいてしっかりと教えてゆくか、あいは個別塾(講師1:児童数3以下)がおすすめです。
  • 学力上位層 … スマイルゼミ自体は十分有効です。ただし、飛躍的に能力を伸ばすには、まとめノートづくりなど、活用法に工夫が必要です。なお、私立中学を受験させる場合は小4から、公立中高一貫校を受検させる場合は小5から、塾の併用が目安になります。
項目 スマイルゼミの評価
長所 学習計画が不要。毎月教科書に沿った教材が送られてくる上に、過去の学習状況から、アルゴリズム(コンピュータ診断)が今日やるべき単元を提示。ストレスなくすぐに学習に取り組める。
長所 タブレットだが、ボタン1つで選択できる要素は少な目で、徹底的に記述させる。例えば、国語では文章が示され「具体例に線を引け」のような、ノーヒントで思考させる問題も多数。算数は、桁数や符号のヒントがない記述式が多く、計算過程の記入も可能。
他社との比較 進研ゼミ(チャレンジタッチ)や学研の教材に比べ、導入の説明が丁寧。他社は、小学校で理解していることを前提とするが、スマイルゼミは一から丁寧に説明する傾向。そのため、小学校より少し先に行くことも可能。
短所 ゲーム性が弱く、いたって真面目な設計。刺激が少ないため、モチベーションの維持には保護者の声かけが必須(スマホと連携させ、職場などからもLINE形式の声かけを行うことができる)。
短所 丁寧な説明が繰り返されるため、悩み深く考えるプロセスがやや不足。単元を指定して、まとめノートを作らせる、親の前でミニ授業をさせるなどの工夫がないと、トップクラスには行けない。
業者の信頼性 ジャストシステムは、編集ソフト一太郎の会社だが、8割の小学校が採用しているジャストスマイルを20年来運用し続け、教育業での実績は十分。社員は、遊び心は少ないが、真面目な探求型の印象。教材にもそれは表れている。
向いている児童 ある程度勉強の意義を感じている、下の上~中位~中の上の層向いている。集中力がなく立ち歩いたり、様々なものに興味が分散しがちな子んには、少人数の塾が向き、スマイルゼミは向かない。
受験(受検)対応 中学受験や公立中高一貫校受検には、対応していない。私立中学受験なら、小3までスマイルゼミに取り組ませ、小4からの通塾が基本。公立中高一貫校受検なら、小4までスマイルゼミ、小5から、スマイルゼミと塾(週2回程度が多い)との併用がおすすめ。
公式サイト



スマイルゼミの長所 「今日は何をしようか」と親子が考える手間がない

スマイルゼミの特色は、画面を開くとすぐに適切な学習が始められる点です。

  • 教材は、全教科が教科書に準拠。申し込み時に小学校名を登録するだけ。
  • 学習内容は、前日までの履歴を踏まえ、苦手教科、苦手単元を含めバランス良く自動提示される。また、記憶の定着に欠かせない、約1週間前に解いた問題の確認も含まれる。
  • 学習内容提案は、成績の特に良い児童の学習手順や単元別の得点状況を分析したデータベースを参照して行われる。つまり超成績優秀者が絶対に落とさないキーになる単元は、しつこく学習させる。

また、操作するうちに、自然に記憶に結びつく工夫もあります。

  • 紙教材は、覚えるべきことが図表や箇条書きで示されるだけで、どう覚えるかは本人次第。
  • スマイルゼミでは、繰り返し解いてゆくと、自動的に間違えた問題が再提示され、自然に覚えられる(上の画像)。

関連する口コミ・評判

  • 採点が自動、試験前には問題が出てくるので親があまり、つきっきりにならなくてすみます。
  • 間違いがあればそこをすぐにやり直し出来、自分が何をどう間違ってしまったかよく考えていたのが良かった。
  • 自分の苦手な所を把握できて、苦手を克服させてくれる。学校の教科書に沿っているので、わかりやすい。

(補足)高学歴まで導きたい場合

スマイルゼミは、ステップを踏んだ自動的な繰り返しにより、記憶の増強はスムーズです。

  • この方法は公文式や教育社のトレーニングペーパーという教材に似ている。
  • 自学の過程を求める、四谷大塚の予習シリーズ(中学受験の定番教材)とは異なる。

スマイルゼミは、スムーズに力がつきますが、欠点は思考体験や学習法の気づきが得られないことです。無味乾燥で不親切な教科書を、自分流に読み解き、工夫して記憶してゆく過程は、早慶国立など高学歴をめざすお子さんには、ときには必要です。スマイルゼミを使用する場合、定期的にまとめノートを作らせたり、保護者の前でミニ授業をさせたりなどの工夫も必要です。

スマイルゼミの長所 徹底的な記述式

クイズの様に正解を選んでゆく方法は、常にヒントをカンニングしながら問題を解くのと同じで、力はつきません。スマイルゼミでは、記述式が徹底されています。

例えば、画像の様に、分数や少数を含む計算では、回答欄は正方形。分数、整数、小数点の使用は分かりません。余白に計算式を書き、正解を出してから、答えの記入に移りますので、確実に力がつきます。

国語でも、通常の記述式のほか、具体例のか所を資格で囲むなど、ヒントのない問題が出題されます。

関連する口コミ・評判

  • 漢字の書き順の学習にとても良さそうですし、丁寧に書こうとするようになりました。

スマイルゼミと他社の比較 導入解説の丁寧さは図抜けている

スマイルゼミでは、スイッチを入れると、すぐにおすすめの単元学習が始まります。そして、特筆すべきは、導入解説の詳しさです。

  • スマイルゼミの導入解説 … 小学校の先生ですら、時間不足から飛ばしてしまいがちな内容を、丁寧に教える。例えば引き算では、1の位が引き算できない場合、上の位から「10」を借りてくるが、このことを丁寧に説明している。
  • 公文式の導入解説 … シンプルにやり方を教えることが多い。解けるが、仕組みを理解せずに進んでしまうことがある。
  • 進研ゼミ(チャレンジタッチ)の導入解説 … 小学校での授業で理解したことを、効率よくまとめる形。分かっていない単元は、説明不足となりやすい。

ワンポイント なぜすぐに学習が始まり、導入解説が詳しいことが重要なの?

ちょっとした空き時間に勉強に目が向きますが、まず何をすれば良いのかを考えたり、導入でつまずいたりしているうちに、飽きてしまう傾向があります。そのため、スイッチを入れてすぐに始まること、またはじめの方でつまずかせないことは、非常に重要です。

関連する口コミ・評判

  • 塾に通っていた時よりも学年順位が下がってしまい、本人は解説を見ても理解できないと言ってました。1人では勉強できないタイプみたいでスタイルが合わなかったです。→上述のように、学力下位層には個別塾が向いています。
  • わからないところは十分なヒントがでてくるので、親が教えなくてもよい。
  • 音声で案内してくれるので進め方が分からなくなりにくい。また、ミッション形式なので1日のノルマが少なくて飽きにくいです。

スマイルゼミの短所 ゲーム性は弱く、親の関与も必要

スマイルゼミは、タブレット教材です。そのため、ゲームなどで使用される、派手で刺激的な画面がモチベーションを上げるのではと期待されますが、画面はいたって真面目です。背景には、ジャストシステムが、約20年間、全国の小学校に学習ソフトを提供してきたこともあるでしょう。また、ジャストシステムは、ゲーム会社でなくビジネス系のIT企業です。全社的に、真面目な社員が多いようです。

このような背景から、お子さんによって反応が分かれます。

  • 学力が中の上以上の児童 … 勉強そのものに興味があり、学力に余裕があるため、わずかな動機づけで継続できる。
  • 学力中の中以下の児童 … 勉強を始めれば理解はでき、達成感もあるが、長く継続してゆくには動機づけが必要。

スマイルゼミ側では、動機づけのために3つの工夫を用意しています。

名称 内容
みまもるトーク 単元が終わった時点で子どもは、スターと呼ばれるポイントをゲットできます。これには、保護者への報告が必要。そのため、自然に報告が動機づけられます。手持ちのスマホに報告を受けた保護者は、仕事中ならスタンプを返し、時間があればコメントを返せます。なお、両親のほか、祖父母などもトークに参加することができます。祖父母にお願いするのも、良いと思います。
スターナビ(ポイント交換制度) 勉強をするともらえる、スターと呼ばれるポイントは、交換すると時間限定でゲームで遊べたり、インターネットサーフィン(ヤフーキッズ限定)ができたりします。ゲームは30種類ですが、中毒性のないものが多く、安心できます。小学生は何かを集めることや、ゲームが大好きですので、この仕組みは有効です。
スゴいキミ!(表彰制度) 毎月、その月のがんばりや得点状況をもとに、全国表彰が行われます。画面上の表彰式では、ランダムで選ばれた30人が登場。表彰結果によって、シルバー、ゴールドなどのランクが決まります。小学生は、順位を気にする傾向が強いため、この仕組みは有効です。なお、独自のアルゴリズムで、勉強が苦手でもがんばれば表彰対象に食い込めます。

動機づけの工夫のなかで、みまもりトークは、スマイルゼミだけに備えられたもの。小学生のモチベーションは、多くの塾で採用しているように、ポイント制度や表彰(ランクづけ)でも上がってきますが、最も重要なのは、誰かが見ていて承認することです。その点で、みまもるトークは、ほぼ必須ともいえる仕組みです。

なお、ハイレベルな学習塾(集団授業)でも、講師による承認、ポイント交換制度、表彰制度(ランクづけ)は、100%導入されています。

関連する口コミ・評判

  • 勉強ばかりじゃ飽きる年代です。飽きた頃にスター(たまるとゲームが出来たりアイテムと交換出来たりする)がもらえるイベントが開催されたり、いろいろ工夫されているので毎日続けられています。
  • 学習後には楽しいアプリで遊べるなど、学習意欲を持たせるための工夫が沢山あります。
  • タブレットと親のメールを繋げる設定があるので、子供の学習時間や内容が確認できるのが良い。
  • 子供が学習を開始したことなど、みまもるネットで連絡が来るので、親が外出中でもこどもの様子がわかって安心できる。
  • 子供の学習の様子や進捗がインターネットで確認でき、課題を保護者が選択できるところが良いと感じます。

スマイルゼミの短所 丁寧な説明は一長一短

スマイルゼミでは、非常に丁寧な導入解説がなされます。成績中位の児童や、学校の授業についてゆくことが目標なら、特に問題はありません。

もし、高校入試で早慶・都立独自作成校レベル、大学入試で国立早慶をめざす予定がある場合、簡素な説明を見て、自分で考えてゆく経験が不可欠です。スマイルゼミを利用する場合、ひと工夫が必要です。

  • 毎晩、その日に学んだ単元のうち1つをピックアップし、保護者の前で導入解説のミニ授業を行わせてみる。
  • 毎日、その日に学んだ単元のうち1つをピックアップし、まとめノートを作らせてみる。

早慶・国立レベルをめざす場合、このようにひと工夫が必要です。

スマイルゼミ 業者・教材作成者の信頼性

出典:(C) Copyright 1998-2012 "建築写真集 NO"

スマイルゼミを作成しているジャストシステムは、徳島・東京に本社を持つ、IT企業です。IT企業ですが、ゲーム会社のような怪しげ企業ではなく、企業向けのシステムやソフト開発を中心としています。社員の気質は、真面目で、教育事業の歴史は20年。

約80%の小学校に、ジャストスマイルシステムを導入しています。小学校では、パソコンルームにこのシステムが導入されていますが、一部の学校ではタブレットを配布して授業に使用しています。

また、気になる教材作成者ですが、現在は全員が私塾や教材会社の経験者で、30~40代がメイン。全教科に専属スタッフを置いています。良い教材づくりは指導経験が必須のため、20代の経験が浅い人には任せられません。その点で、スマイルゼミには信頼が置けます。また、小学校教諭の意見は、ジャストスマイルシステム設置校から定期的に入ってくるため、現在の小学校の課題にあわせた教育方針です。

総合的な口コミ・評判

上の各項目に挙げた口コミ以外の、総合的な口コミです。

  • 言わなくても進んで学習をするようになった。
  • 子供はペンのかきごこちがチャレンジタッチに比べてめっちやいいと言っています。
  • タブレットのみというのがよかった。余分なモノがないのがよかった。
  • 時間に追われない。家でできるから通わなくて良い。親の前でできる。良いことだらけだと思います。
  • 塾の半額以下です。本人のやる気次第ですが、しっかり活用できればとても安いと思います。

スマイルゼミに向いている児童

適性 児童のタイプ
〇:学力上位 学力上位の児童は、スマイルゼミだけにとどまらず、まとめノートを作らせる、ミニ授業をさせるなど、アクティブラーニングの要素を入れてあげることがおすすめです。中学受験や公立中高一貫校受検に、問題そのものは対応しませんが、小学校3・4年生までの基礎固めには、十分以上に利用できます。中学受験なら小4、公立一貫校受検なら小5から、塾との併用がおすすめです。
◎:学力中位 学力中位。20~30分程度なら1人でも集中でき、勉強がそれほど嫌いではない児童は、スマイルゼミに非常に合います。みまもるトークでコンスタントに声をかければ、あとはマシンに任せても良いでしょう。保護者の仕事は、声かけだけです。
× 学力下位または落ち着かない。勉強が嫌いな児童、あるいは能力があっても、好奇心がばらけやすく、集中力がない児童は、スマイルゼミに向きません。少人数型の学習塾がおすすめです。

スマイルゼミと受験対応

希望進路別のスマイルゼミの活用法は、以下のようになります。

進路 1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
公立中学進学 スマイル スマイル スマイル スマイル スマイル スマイル
私立中学受験 スマイル スマイル スマイル スマイル+塾 スマイル+塾 塾メイン
公立中高一貫校受検 スマイル スマイル スマイル スマイル スマイル+塾 スマイル+塾

受験(受検)をさせる場合、低学年時もスマイルゼミ任せにせず、親が2つの手助けをすることが必要です。

  • その日に学んだ単元から1つをピックアップし、導入解説を、親の前でミニ授業風に展開させる。導入解説の暗記ではなく、自分流に言葉や事例を選ばせることがポイント。
  • その日に学んだ単元から1つをピックアップし、導入解説を、ノートにまとめる。導入解説の丸写しではなく、自分流に言葉や事例を選ばせることがポイント。

以上、【専門家が診断】学習タブレット・スマイルゼミの口コミと評判(小学生版)でした。

スマイルゼミは検討用の資料請求が可能です。

公式サイト



広告


-学力・教育・塾

Copyright© 子ども向けスマホ.jp , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.