子ども向けスマホ

どれが一番安い?子供のためのキッズスマホランキング~小学生版~

更新日:

小学生、幼児など、子供向けのキッズスマホを安さ・品質のバランスで選ぶとしたらおすすめは? 教育業界約20年の筆者が、子どもの安全と学力向上も重視しつつ選びました。

※中学生、高校生向けは、下の記事をご覧ください。
中学生・高校生のスマホ おすすめ機種ランキング[保護者向け記事]

※この記事は、スマホ販売業者でなく、教育関係者が執筆しています。

広告

【結論】どれが一番安い?子供のためのキッズスマホランキング~小学生版~

格安スマホ ドコモ au ソフトバンク
月額費用 2881円 4015円 3404円 4800円
機種 TONEm17 arrows ミライエ シンプルスマホ
見守り機能 × ×
  • 最も安いのは格安スマホで、最も高いのはソフトバンクです。
  • 電話(発信)は1日1分程度、データ通信は子どもに適した2GB程度で計算してあります。
  • 見守り機能(居場所管理、ゲームやLINEの使用時間の管理)を求める場合、TONEかau(ミライエ)のほぼ2択となります。

ランキング

  • 1位 TONEスマホのm17 月額3050円(税別)【見守り機能】
  • 2位 ワイモバイル 月額3758円(税別・平均額)
  • 3位 auのミライエf(フォルテ) 月額3404円(税別/家族割)【見守り機能】
  • 4位 イオンスマホ 月額3730円(税別)
  • 5位 ソフトバンクのシンプルスマホ 月額4800円(税別)
広告

スマホ選びで子どもの将来が決まる!

大卒の求人倍率

2018年卒 2013年卒 2008年卒 1991年卒
1.78倍 1.27倍 2.34倍 2.86倍

わが子の将来が決まる決定的なポイントは、大学新卒時の就職活動です。現在、求人倍率が5年前に比べ0.5ポイント上がり、一部に楽観ムードが流れています。しかし、10年前に比べれば0.56ポイントも低く、好況期の2.86倍と比較すれば見る影もありません。

また、求人倍率1.78倍と言っても、みなが納得できる優良企業はごく一部で、ブラック企業の比率が増えてきています。成否を分けるのは学歴や基礎学力ですが、中高生の段階で、勝負がつきます。

  • スマホ漬けの中高生 … ゲーム、動画、LINEで1日の大半が終わる。
  • 伸びる中高生 … スマホとの付き合い方を心得ている

子どもの将来は、(まだ親の言うことを聞く)小学生の段階で、スマホとの適切な距離感を覚え、勉強や書籍とも親しめるかどうかで決まってきます。ある中学の先生は、かつての教え子と食事をすると、2つのタイプに分かれると言います。

  • 会話中、食事中は、スマホを裏返しにしてテーブルに置く教え子。
  • 会話中、食事中でも、スマホを離さない教え子。

スマホに役立つコンテンツがゼロという訳ではありませんが、スマホと距離を保てる子どもの方が、学力が高いとその先生は言います。

子どもには格安スマホ? 大手キャリアの格安プラン?

子ども向けスマホを探す際に、まず迷うのが、大手キャリアか格安かの選択肢です。

2017年から、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアが、値引きプランの販売を開始しています。子ども用にスマホを購入する場合、大手キャリアの値引きプランと格安スマホのどちらが安く済むのでしょうか?

ポイント
大手キャリアが最近発売している割引プランは、月額料金が安くなっていますが、機種代サポートを割愛していることが大半です。機種代を含めた、実質の負担を見てゆくことが重要です。

格安スマホの場合 月額3050円(TONE)

子ども向け格安スマホひとつ、TONEスマホの料金(かけ放題プラン)は、機種代の分割を含め、月額3050円となります。この金額に、消費税とクレジットカードの手数料が加算されます。

筆者が実際にテスト購入した際の、楽天カードの請求書です。上記計算と多少プランが異なりますが、消費税・カード手数料を加えても、月に2881円で済んでします。

ドコモの場合 月額4015円

 ドコモのプラン 子ども
シンプルプラン基本料 980円 980円
spモード料金(必須) 300円 300円
シェアパック(5GB) 6500円 500円
docomo with △1500円 適用外
特典 +1GB
小計 6280円 1780円

ドコモの場合、最安値はシンプルプランとdocomo withを合わせたものです。docomo withは中学生以上の適用ですので、小学生の場合は、シンプルプランで計算します。

  • 以前は、機種代実質ゼロ円が普通でしたが、最近では、割引の代わりに、月々サポートは縮小されています。
  • 機種代は、TONEスマホと性能が似ている、arrows Be F-05Jで計算しました。税別では1035円です。
  • ドコモのシンプルプランは、通話代は別です。1日1分電話(発信)をすると、月に1200円かかります。
月額費用 1780円/月
機種代 1035円/月
通話代 1200円/月
合計 4015円/月(いずれも税別)

auの場合 月額3404円

auは、最安値のジュニアスマートフォン専用プランで計算すると、以下の様になります。機種は子ども専用機のミライエを選びました。

ソフトバンクの場合 月額4800円

ソフトバンクは、最安値のデビュー割で計算すると、以下の様になります。機種は子ども向けのシンプルスマホを選びました

(まとめ)格安スマホと大手キャリアの比較

格安スマホ ドコモ au ソフトバンク
月額費用 3050円 4015円 3104円 4800円
機種 TONEm17 arrows ミライエ シンプルスマホ
見守り機能 × ×
  • 最も安いのは格安スマホ(TONE)で、最も高いのはソフトバンクです。
  • 電話は1日1分程度、データ通信は子どもに適した2GB程度で計算してあります(auは1GB)。
  • 見守り機能(居場所管理、ゲームやLINEの使用時間の管理)を求める場合、TONEかau(ミライエ)のほぼ2択となります。

※料金シュミレーションは、各社公式サイト。誤りがあれば、コメント等でお知らせください。

小学生・園児向け安い順ランキング~意外に通話は控えめ~ 

小学生・園児にはどのようなスマホが適しているのでしょうか?

従来なら小学生は、(保護者などに)電話はよくかけるが、LINEやメールは余りしないというイメージでした。しかし、文科省の調査で、電話の利用が減っていることが分かりました。

  • 電話は、1日10分以内が9割。
  • LINEやメールは、1日10通以下が約7割。
  • ネット利用は、1日30分以内が約9割。
  • ネットの利用場所は、①放課後(校庭、公園、塾)、②帰宅後(自宅)に尽きる。

このことから、小学生・園児のスマホに求めるべき条件は、以下のようになります。

  • 通話は、1日1分程度の発信(着信は無料です)。
  • データ通信は、1日30分程度で、平均的な利用なら、月間2GBがふさわしい。

上の条件で、小学生・園児におすすめの、子ども向けスマホランキングを作成しました。

※料金計算は万全を期しましたが、大変複雑なため若干のミスがある可能性がございます。ご容赦ください(最終更新2017年9月9日)。

子ども向けスマホ1位 TONEスマホm17 月額2881円(税別)

写真右:TONEの新機種m17

TONE(トーン)モバイルのスマホは、全国のツタヤ(一部)を相談窓口にする、携帯電話会社です。

2014年に、子ども用家電・マイファーストソニーを参考に、わが国初の、格安・子ども向けスマホを発売しました。専売店を持たず、テレビCMを最小限に抑え、ワンカラーで展開。浮いたコストにより、インターネット通信容量無制限など、きわめて格安の料金体系を実現しています。

TONEのスマホは、画面切り替えで、中高生になっても利用可能です。また、新機種m17は、大人の使用にも耐えうるレベルに改善されました。

制限機能はこども向けスマホでトップ

TONEのスマホは、保護者が許可したアプリしか使用できないのはもちろん、ポケモンGOは1日1時間以内、YouTubeは親の目が届く19時~20時のみというように、アプリごとに細かい設定が可能な唯一の機種です。

このほか、GPS機能は、画像のように、品川駅(東京都)で在来線から新幹線に乗り換えたことまで分かる精度の現在地把握など、保護者による管理機能は抜きん出ています。

TONEスマホの料金計算(税別)

TONEの、月額料金はわずか1600円(10分以内のかけ放題プランの場合)。追加費用が発生するとしても、Wi-Fi環境以外で動画を閲覧した場合の高速チケット代300円(1GB)程度。子どもに持たせる場合は、高速チケット代をおこづかいから引くこととすると、動画による時間の浪費が予防できます。

  • SMSオプションは、LINEを使う場合には必ず必要ですので、原則加入します。
  • 保険(安心オプション)に加入すると300円かかりますが、m17からは、水没や落下にも対応した軍事規格の強度を備えたため、なくてもよいでしょう。
  • 費用をここまで抑えたのは、大量のCM、専売店の設置、携帯ショップでの報奨金をカットした効果が大きいと見ます。

(実証実験)中速データ通信・無制限は、本当に使えるのか

TONEは、中速のデータ通信が無制限・無料という珍しい仕組みです。前機種のm15では、写真が重いサイトと、通信を多用するアプリ(ポケモンGOなど)の稼働は不十分でしたが、m17では通信速度が平均600kbpsに上がり、解決しました。ただし、電波混雑時には重くなることはあります。動画は高速チケットの利用が必要ですが、1GB300円。ドコモでは1000円かかりますので、非常に安いです。

写真は、TONEの幼児から低学年用の画面です。テレビ、YouTubeから始め、Google検索、カメラへとステップアップするように並べました。高学年なら、ウィキペディアやニュースアプリを最上段に設置することもできます。親の願いを込めた配置です(背景、配置は自由に変えられます)。

TONEは新機種を2017年8月に発売したばかりで、当面新機種はなし。今が買い時です。大都市にある店舗でも購入できますが、設定が終わるまでの時間が長く(筆者の場合、2時間かかりました)、電話番号もじっくり選べないため、通販が優位です。オプションは、①IP電話かけ放題(月に24分の利用で得になります)、②SMSオプション(LINE開設に絶対に必要)の2つがおすすめです。

公式サイト

TONEのレビュー

ツタヤのスマホTONEの新機種m17レビュー 女性誌VERY・全国子ども会連合会推薦

関連記事



子ども向けスマホ2位 auの「ミライエf(フォルテ)」月額3404円

親がauのユーザーの場合、選択肢にあがるのが、auの子ども向けスマホ「ミライエ」です。

  • 2015年1月、auは、ミライエを発売しました。先行したドコモのスマートフォンジュニアを研究し、最先端の管理機能を備えました。
  • 同時期に発売された、TONEスマホの前身「PandA KIDs」には、きめ細かな管理機能で、1歩譲りましたが、多くのauユーザーに支持されました。
  • 2017年1月に、auはミライエf(フォルテ)を発売しました(写真は京セラのサイトより)。

ドコモが子ども向け専用機種の生産を取りやめたため、現在子ども対応機種はTONE、ミライエf(エフ)の2機種の争いとなっています。TONEは画面切り替えで、子ども・中高生・大人に対応、auは子ども専用機種です。

ミライエf(エフ) TONE
ゲームの利用と管理 ゲーム1つ1つの使用許可を親が決定できる。 ゲーム1つ1つの使用許可を親が決定できる。さらにゲームごとに、利用可能時間帯・総利用時間を親が設定できる。
LINEの利用と管理 利用の可否を親が決定できる。 利用の可否と、利用可能時間帯・総利用時間を親が設定できる。
音声通話 1分40円(または1回5分以内かけ放題プラン) 1回10分以内かけ放題(または1分20円)
現在地把握 保護者のスマホから可能(有料) 保護者のスマホ・PCから可能(ファミリーオプション200円に含む)。
防犯ブザー あり。ブザー利用時に、自動でカメラを起動し、写真と位置を保護者にメール。 なし
インターネットへのアクセス制限 有害サイトのブロック機能(無料) 有害サイトのブロック機能。全国の公教育と同じ「ALSI」のシステムを利用(100円/月)。
歩きスマホ対策 警告画面が出て、一時的に操作できない。 警告画面が出て、一時的に操作できない。親のメールにも通報。
利用可能時間帯・総利用時間管理 利用可能時間帯・総利用時間管理を設定可能。 利用可能時間帯・総利用時間管理を、アプリごとに設定可能。
その他 人を傷つける言葉を入力すると警告が出る。防犯ブザーは、セコムへの連絡も可能(有料) スマホが壊されない限り、現在の居場所だけでなく、当日の行動経路も確認可能。登録した場所(学校・塾・駅など)への出入りを把握し、自動通知も可能。

ミライエf(エフ)が発売され、個々のゲームに対する使用可否の管理など、管理機能が充実しました。

ミライエf(エフ)とTONEモバイルには、それぞれ特徴があります。

  • ミライエf(エフ)の最大の利点は、防犯ブザーが押された場合、セコムへ連絡する設定も可能なことです(有料)。
  • TONEの最大の利点は、ゲームなどのアプリごとに利用可能時間帯または総利用時間を設定できることです。例えばポケモンGOは1日1時間まで、LINEは親の目が届く16時から19時まで、ウィキペディアは24時間利用可能のようにきめ細かい設定ができます。
  • 保護者がauならば、料金の支払いなどの関係から、auのミライエf(エフ)が有力候補になるでしょう。

(参考TONEのアプリごとの管理機能)

auミライエf(フォルテ)の料金計算(税別)


  月額合計3404円

関連記事(古い記事です)

子供のキッズスマホ比較⑥ auミライエ(miraie KYL23)の料金と評価

子ども向けスマホ3位 ワイモバイル 月額3758円(税別)

TVのCMでおなじみで、販売店も増えてきたワイモバイルは、ヤフーの格安スマホです。ワイモバイルのスマホは機種選択式で、時期により機種が変わります。多くの機種があり迷ってしまうと思います。

それならば、小学生には少し贅沢ですが、思い切ってiPhone SEを選ぶと良いでしょう(写真は公式サイト)。旧型のiPhoneでも、基本性能はとっくに完成しており、中学・高校と使い続けることができます。また、直感的な操作が可能で、迷うことがないのも、むしろ子ども向けと言えるかも知れません。

iPhone SEの料金計算(税別)


  月額合計3758円

※データ通信量は、1年間のみ6GB。3年目以降は3GB。通話は1通話10分以内ならかけ放題。

【管理アプリの導入が必要】

ワイモバイルのスマホは、子ども専用機でないため、管理アプリのスマモリ(月額390円)等を導入する必要があります。

スマモリ

前回調査時

今回調査(2017年9月9日)

出典:google play

スマモリは、子ども専用機能を持たない携帯メーカーが、子ども用に販売する際に、よく推されるアプリです。しかしながら、口コミの点数は、調べるたびに落ちているのが実情。結局、ゲームなどのアプリの利用は、子ども任せとなるため、次のような目安となります。

  • 園児・小学校低学年 … 高度な操作ができないため、ワイモバイルでもよい。
  • 高学年(特に男子)… 隠れて、ゲームやまんがアプリなどをダウンロードする可能性が大きい。
  • 高学年(約束を守れる女子) … 素直で約束を守れる女子なら、ワイモバイルでもよい。

ただし、保護者が理系で、子どもに最先端の情報機器を触らせたいという場合、iPhoneの選択肢は大きな魅力です。また、カメラ性能は、Google陣営幹部もiPhoneにかなわないともらしたように、一日の長があります。芸術志向の育て方を試みる場合も、iPhoneがふさわしいはずです。

サイト

 子ども向けスマホ4位 イオンスマホ 月額3730円(税別)

イオンのスマホは、イオンの店舗網を生かし主婦やお年寄りに人気があります。修理・相談等で、全国のイオン店舗を利用できるのが強みです。

イオンのスマホは、機種選択式で、時期により機種が変わります。メーカーの信頼度が高く、口コミ評価も高い、富士通のarrows M03を選んだとして計算しました。2GB契約の料金を紹介します。

富士通のarrows M03の料金計算(税別)

  • 機種代(24分割) 1450円/月
  • データ2GBプラン 780円/月
  • 通話代(かけ放題) 1500円/月

  月額合計3730円

イオンスマホのメリットは、かけ放題の時間制限がないことです。

  • TONEスマホ … 1通話10分以内ならかけ放題
  • ワイモバイル … 1通話10分以内、300回以内ならかけ放題
  • イオンスマホ … 完全かけ放題

イオンのスマホは、子ども専用機でないため、制限アプリのスマモリ(月額390円)等を導入する必要があります。スマモリの口コミ評価は、第3位で示した通り好ましくはなく、親との約束を守れる素直な女子以外には、与えたくないスマホです。

イオンスマホの最大のメリットは、完全かけ放題。例えば、母親や祖父母との電話時間が非常に長いなど、10分以上の電話がひんぱんな子ども向けです。

イオンスマホが【5分】でわかる記事~口コミ・料金・費用~

子ども向けスマホ5位 ソフトバンクのシンプルスマホ3 月額4800円(税別)

ソフトバンクが、シニア向けに発売しているのがシンプルスマホです。現在の機種は第3弾です。子どもとシニアは、求める操作感や機能が似ていることもあり、ソフトバンクのショップでも、子ども向けにシンプルスマホをすすめることがあります。

写真(公式サイトより)のように、カメラ、インターネット、ニュース、地図など、デフォルトの画面は非常に子ども向けです。しかし、操作を覚えてしまえば、Playストアから、ゲームやまんが閲覧のアプリなどをダウンㇿードしてしまうのが、子ども。年齢や性格によって、合う合わないがあります。

  • 園児・小学校低学年 … 高度な操作ができないため、シンプルスマホ3が合う。
  • 高学年(特に男子)… 隠れて、ゲームやまんがアプリなどをダウンロードする可能性が大きい。
  • 高学年(約束を守れる女子) … 素直で約束を守れる女子なら、シンプルスマホ3が合う。

シンプルスマホ3の料金計算(税別)


  月額合計4800円

※スマホデビュー割で計算してあります。

(参考)ドコモスマートフォンfor ジュニア2 SH-03F

ドコモ 子供向けスマホ

子ども向けスマホの元祖が、ドコモスマートフォンfor ジュニア(写真)ですが、第2弾が発売されたあと、長らく機種が更新されず、開発終了となる可能性が高いです。

ドコモから子ども向けの機種を選ぶのなら、らくらくスマートフォン4がおすすめです。お年寄り向けの機種ですが、居場所把握(イマドコサーチ)への対応、大きな文字、分かりやすい操作性など、お年寄りと子どもに必要な点は、よく似ています。

写真:公式サイト

  • デザインは3色あり丸みを帯びキレイ。中高生になっても使えます。
  • ボタンは大きく日本語表記が基本で、操作はシンプルで、誤操作防止の工夫。
  • 最近減ったきた防犯ブザーつき。

欠点は、Google Playに接続できるため、ゲームアプリがダウンロードし放題という点です。LINEも、時間帯を問わず利用できます。お子さんが、親のコントロールにどのくらい従うかがポイントです。

詳細:ドコモ 子ども向けキッズスマホの選び方

徹底解説 小学生・園児に与えるスマホを選ぶポイント

1 ゲームのインストールや遊ぶ時間を、コントロールできるか

小学生や園児にスマホを与える場合、アプリ(ゲーム)のインストールや、使用時間帯・総利用時間を制限できるかが、非常に重要です。

インストールの制限 総時間の制限 アプリごとの制限
TONEスマホのm17
ワイモバイル × × ×
auのミライエf(フォルテ) ×
イオンスマホ × × ×
ソフトバンクのシンプルスマホ × × ×
ドコモ らくらくスマートフォン4 × × ×

この観点でおすすめできるのは、TONEスマホのm17とauのミライエf(フォルテ)です。逆に、例えばワイモバイルの各機種を購入する場合、制限アプリのスマモリを導入しますが、第3位の記事内でご説明したように、十分には機能しません。

  • 昭和期の子どもは、読書や外遊びが得意でした。この子どもたちのなかから、一流の学校に合格し、社会を引っ張る人たちが輩出されていきました。
  • 現在の子どもは、パズルゲームなど時間だけは食うものの、知恵や知識を得られるチャンスがほとんどない遊びに時間を費やしています。

子どもの学力のカギは、スマホにあります。最低でもゲームについて、親が使用の許可をできる機能の設定が、子ども向けスマホに求められます。

2 ポケモンGOについて

ポケモンGO

子どもにスマホを与える際に、ポケモンGOの存在を無視して語ることは難しくなってきました。

① 安全性について

ポケモンGOによる、歩きスマホが社会問題になっています。しかし、ポケモンGOは、「モンスターを捕まえる時は安全な場所で」のルールさえ徹底できれば、常にのめり込むように仕組まれたパズルゲームやまんがアプリよりも、リスクは少なめです。

②   学力低下につながるのか

教育的な意味がほぼ皆無といえるパズルゲームに対し、公園、名所旧跡、建物などに興味を持つきっかけになるポケモンGOは、親のサポート次第では、地理・文化への関心を広げる可能性があります。

③  歩きスマホ警告機能

次の2機種には、歩きスマホ警告機能が備えられています。

  • TONEスマホ  … 歩きスマホを検知すると、警告画面となり、即座に保護者のアカウントに通告。
  • auミライエf(フォルテ) … 歩きスマホを検知すると、警告画面となる。

3 子どもの現在地を知ることができるか

子ども

キッズスマホを持たせるときに、ぜひ活用を考えたいのが現在地の把握機能です。例えば、もう学校を出たのか、すでに塾や公園に着いたのかなどを、保護者のスマホやパソコンから知ることができます。

スマホごとの対応状況は、以下の通りです。

  • TONEスマホ… ◎標準装備(精度検証記事
  • auミライエf(フォルテ) … ◎標準装備
  • ワイモバイル  … ◯アプリ「どこいるの」を導入
  • イオンスマホ  … ◯アプリ「どこいるの」を導入
  • ソフトバンクのシンプルスマホ  … 緊急ブザーが押されると、居場所を通知する機能。

居場所に加え、ゲームの使用時間等を総合的に管理するアプリである「スマモリ」の評価は、低め(1.5点)で、うまく機能ないことが多くあります。

出典:google play

一方、居場所の把握に特化したアプリ「どこいるの」の評価はまずまずです(4.2点)。

ドコイルノ

出典:google play

この比較から、ゲームの使用制限は、制限機能が標準装備された機種(TONEとミライエ)でなければ難しいといえます。一方、現在地把握だけなら、標準装備の機種でなくても良いと言えます。

(まとめ)どれが一番安い?子供のためのキッズスマホランキング~小学生版~

ランキングのまとめです。

  • 1位 TONEスマホのm17 月額3050円(税別)【見守り機能あり】
  • 2位 ワイモバイル 月額3380円(税別・平均額)
  • 3位 auのミライエf(フォルテ) 月額3404円(税別/家族割)【見守り機能あり】
  • 4位 イオンスマホ 月額3730円(税別)
  • 5位 ソフトバンクのシンプルスマホ 月額4800円(税別)

保護者がauならば、ミライエかTONEの2機種をおすすめしますが、その他の場合、現状ではTONEが優れています。逆に、子どもにゲームやLINEの制限を課す予定がない場合は、スマホとして使いやすい、大人向け機種が良いと思います。なお、エンジニアや芸術系に向けて教育をしてゆく場合には、iPhoneが適切です。iPhoneの基本性能はすでに完成していますので、ワイモバイル等で少し前の機種を選んででも支障はありません。

※料金は、税別、保証パック別。料金計算は万全を期しましたが、大変複雑なため若干のミスがある可能性がございます。ご容赦ください(最終更新2017年4月13日)

子ども向けスマホの購入方法

① TONE:新機種を2017年8月に発売したばかりで、当面新機種はなし。今が買い時です。大都市にある店舗でも購入できますが、設定が終わるまでの時間が長く(筆者の場合、2時間かかりました)、電話番号もじっくり選べないため、通販が優位です。オプションは、(1)IP電話かけ放題(月に24分の発信通話で得になります)、(2)SMSオプション(LINE開設に絶対に必要)の2つがおすすめです。落下や水濡れへの強化がされたため、保証は必須とは言えません。

サイト:お子様向けの安心機能満載 TSUTAYAのスマホ 【TONE】

② auのミライエf(フォルテ):各地のauショップにて扱います。

③ ワイモバイル:各地のワイモバイルショップにて扱います。androidの場合、店頭で操作感を確認しての購入がおすすめです。iPhoneはもはや、旧機種でもハズれはありませんので通販が簡単です。

④ イオンスマホ:イオンの大型モールに販売コーナーがあります。

⑤ ソフトバンクのシンプルスマホ:各地のソフトバンクショップにて扱います。

(参考)スマホ購入時ローンを断られることも

スマホ購入時、大手キャリアでは、独自のローンが利用できますが、多少でも支払い遅れがあるとクレジットカードしか利用できなくなります。格安スマホ各社は、原則クレジットカード払いです。

  • 仕事や収入に関係なく、楽天カードは、審査が通りやすい傾向が強いです。勤め先がない人や、自営業、独立事業者、アルバイトでも、多少の収入さえあれば、審査通過は十分可能です。
  • 楽天カードは、申し込みがネットで完結、収入証明書不要、審査も最短0秒で済みます(自動審査)。自宅配達時に、身分証明書(免許証または写真つきマイナンバーカード)を見せるだけで、コピーすら不要です。
  • 楽天市場での優遇が非常に良くなっています。いくつかの条件を満たせば、すぐに5倍以上のポイントがつきます。

サイト:楽天カード

(参考)タブレット教材の併用もおすすめ

スマートフォンにも、地図機能、ニュースサイト、無料の辞書機能など、子どもの力を伸ばすコンテンツが多数あります。しかし、小さい画面では開発が難しい学習ソフトは、タブレットが優勢です。

月数千円のタブレット教材

 

広告


-子ども向けスマホ

Copyright© 子ども向けスマホ.jp , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.