子ども向けスマホ

【ゲーム・有害サイト】子供スマホ用の制限アプリはうまく動かない?

更新日:

ゲーム・LINEや有害サイトの閲覧を制限したいので、子どものスマホに制限用のアプリを検討されていますか? この記事では、制限アプリが本当に機能するかを説明します。

  • 筆者:都内で学習塾講師(部長職)を7年経験。現在は教育系のウェブに取り組みつつ、不定期で講師職を続けています(歴5年)。
広告

子供用スマホに制限アプリは必須!

子供用スマホに制限アプリは、なぜ必要なのでしょうか?

制限アプリのないスマホを与えれば成績は落ちる

上の表は、子どもの読書習慣とテストの点数の関係です。新聞や本(説明文・物語)を日常的に読む子供は、テストの点数が30点前後高いことが分かります。

制限アプリを導入していないスマホを与えれば、子どもはスマホのコンテンツを中心に読むことになります。その中身は、雑誌的な内容(芸能人の話題など)やまんがが中心です。

制限アプリのないスマホを与えて起きること

制限アプリのないスマホを与えて起きることは、2つあります。

  • ネット上の雑誌的内容(芸能人の話題など)や掲示板に時間を費やし、学力が下がる。
  • スマホを見る時間の分、単純に勉強時間が減る。
広告

制限アプリとは何を制限するのか?

制限アプリとは何を制限するのでしょうか。一般的にはつぎのように捉えられています。

① 有害サイトの閲覧を制限するアプリ

② アプリ(ゲームやLINE)のインストールと遊ぶ時間を制限するアプリ

子供用のスマホ 主な制限アプリは2つ

子供用スマホの制限アプリは、スマモリとiフィルターの2種類があります。スマモリはイオンモバイルが自社スマホに導入を勧めるなど老舗で、iフィルターはPC版が全国の学校で導入されています。

アプリ名 対象 ネット閲覧制限 アプリのインストール制限 アプリの利用制限 費用 口コミ点数
スマモリ アンドロイド 平日・土日に分け利用時間帯の制限 月額400円 2.4点
iフィルター iPhone × 曜日別の利用時間帯や1日の総利用時間の制限 年額4000円 1.5点
iフィルター アンドロイド △(アダルト、暴力的アプリを自動ブロックするが、パズルなどは対象外) 曜日別の利用時間帯や1日の総利用時間の制限 月額324円 1.5点

制限アプリの機能の違い

まず、お子様のスマホがiPhoneの場合、スマモリは対応しませんので、iフィルターのみとなります。アプリのインストールを制限できないのが大きな欠点です。アップル社の意向によるものなのかも知れません。

お子様のスマホがアンドロイドの場合、スマモリもiフィルターも選べますが、iフィルターはアプリの制限機能が弱めです。確かにアダルトや暴力的なアプリを制限できることは必要ですが、子どもの時間を大量に食うのは、むしろパズル系のアプリです。

制限アプリの口コミ① スマモリ(アンドロイドのみ)

スマモリの口コミは、2.4点で決して高くありません。なお、スマモリの口コミは公式の「スマモリ google play」で検索してください。その他では、アプリ紹介業者が良いものだけ取捨選択した口コミが出ることがあります。

google playでの口コミを3つ挙げます。

  • ①時間制限を解除しても、そのまま制限がかかり使えないことがとても多いです。何度も再起動を繰り返すうちに、子どものスマホからこちらへの連絡なしにスマモリの登録自体が消えてしまいます。これがなければ使いやすいと思うので、対応をお願いしたいです。
  • ②普通に設定もしやすく使いやすい。他の方が申告してる、制限が効かない症状は今のところ起きてません。Androidバージョンによって挙動が違うのかも? 子供用Android4.2で無問題です。
  • ③規制されてる時間に使い放題、居場を調べたら全く無反応。有料にするならちゃんと使えるようにしてほしい。子供側で解除出来ないようにしてほしい。

②のようにうまく機能する場合がありますが、①のように操作の不安定さを指摘する口コミが目立ちます。これが低めの点数に反映しています。

制限アプリの口コミ② iフィルター for iOS(iPhone用)

iフィルター for iOS(iPhone用)の口コミは、1.4点で決して高くありません。口コミは必ず公式の「iフィルター app store」で検索してください。その他では、アプリ紹介業者が良いものだけ取捨選択した口コミが出ることがあります。

app storeなどの口コミを3つ挙げます(PCでは詳細な口コミは見られませんが、iPhoneからはすべての口コミを見ることができます)。

①安全面では良いが使い勝手が悪い。重い。

②フィルター自体は優秀ですが、安定性に欠けつかいにくく、プラウザとして未熟。

③まあ私自身まだ学生ですが、こういうフィルターは親には本当にいいのではないでしょうか!(^o^)/ まあ私は不便なので付けませんけどねww 私が将来親になって携帯、スマホ、ipodtouchを持たせることになったら絶対に付けようと思います。

app storeでは、①②のように重い、不安定という口コミが大半で、これが低めの点数に反映しています。iフィルターは公教育が採用していますが、それはPC用です。なお③の口コミは、app store以外の口コミですが、学生が投稿しており不自然です。口コミ投稿によりポイントがもらえる制度を利用したものの可能性があります。そのため、公式のapp storeの口コミが最も参考になります。

制限アプリの口コミ③ iフィルター for アンドロイド

iフィルター for アンドロイドの口コミは、1.5点で決して高くありません。口コミは必ず公式の「iフィルター google play」で検索してください。

google playの口コミを3つ挙げます。

①動作が不安定な上、制限を無効に出来る方法が多過ぎる。

②まず(親が)セルフユースで使ってみましたが、動作の遅さ、エラーや強制終了の多さ、管理画面の使い勝手の悪さに辟易し、無料期間中に削除しました。

③評価ひっくww ざまぁみろ このアプリのせいでどんだけのことをできなくなると思ってんだよ まったく年齢制限とか関係ないものまでブロックしやがって

google playでは、①②のように動作の重さや不安定さを挙げる口コミが目立ちます。google play以外のアプリ紹介業者のサイトには、逆恨みした子どもの口コミが多くて点数が下がっていると書かれています。確かに③のような子どもの口コミがかなり多いですが、その他の保護者の口コミも軒並み評価は低めです。

【結論】制限アプリでの制限は難しい

以上から、当サイトでは子供向けの制限アプリでのスマホの利用制限は、難しいと判断します。ただしスマモリと相性の良いアンドロイドの機種では、うまく機能することがあるようです。実際に購入予定の機種でうまく機能したという口コミが見つかれば、検討の余地はあります。

ではどうすればよいのか? あんしんフィルター、TONEモバイル、auミライエの3択

制限アプリでの利用制限は、難しい。ではどうすればよいのでしょうか?

答えは3つあります。

  • ①大手キャリアの共通規格、あんしんフィルターを利用する。
  • ②キッズスマホのTONEモバイルを利用する
  • ③キッズスマホのauミライエを利用する

大手キャリアの共通規格、あんしんフィルターを利用する

サービス名 対象 ネット閲覧制限 アプリのインストール制限 アプリの利用制限 費用
あんしんフィルター 大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク) 〇(年齢別) 〇(アンドロイド/手動・年齢別) 〇(時間帯制限) 無料

大手キャリア3社は、かつてはバラバラだったフィルターをあんしんフィルターに統一しています。ネットの閲覧制限は、歴史の長い機能であり、信頼性があります。

一方、アプリのインストール制限については要注意です。まずiPhoneには対応しない場合があります。また、年齢別の設定でも、アダルトや暴力など明らかに問題があるアプリを制限するだけで、特に子どもの時間を根こそぎ奪う傾向があるパズルゲームは野放しです。

使用時間帯の制限は可能ですが、曜日に応じてきめ細かく時間を設定したり、学習用のアプリを例外とすることはできません。

大手キャリアを検討する場合、次の記事のいずれかをご覧ください。

キッズスマホのTONEモバイルを利用する

TONEモバイルは、キッズスマホの元祖的存在です(ドコモのスマートフォンジュニアが元祖ですが、製造が中止されています)。

格安スマホは、インターネットフィルタに不安があることがありますが、TONEモバイルは、独自に開発したあんしんインターネットオプションを備えています(無料)。アプリのインストールは、自動フィルターでなく、親が個別に判断する方式ですので安心度は高くなります。またアプリの利用時間の制限は個別に可能です。

詳細は次の記事をご覧ください。

キッズスマホのauミライエを利用する

auは大手キャリアでは唯一、キッズスマホ専用機を発売しています。TONEモバイルに比べると、アプリの個別の利用時間制限ができない点がデメリットですが、別料金でセコム特約が可能です。詳細は、すぐ上のリンクをご覧ください。

広告


-子ども向けスマホ

Copyright© 子ども向けスマホ.jp(キッズスマホで安全・学力を守る) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.