子ども向けスマホ

【徹底検証】auキッズスマホ ミライエfの料金・価格・LINEの使用・制限機能

更新日:

au が2017年1月に発売した、キッズスマホ(子供向けスマホ)がミライエf(フォルテ)です。この記事では、ミライエf(フォルテ)の料金、本体価格、LINEの使用、制限機能などを分かりやすくまとめました。筆者は教育業界20年。

※スマホ販売業者の立場でなく、子どもの安全と学力を重視する立場で執筆しています。

広告

auのキッズスマホ、ミライエf(フォルテ)の総合評価

auが販売するキッズスマホ(子ども向けスマホ)が、ミライエf(フォルテ)です。現在、キッズスマホを発売している大手キャリアは、auだけです。

  • au … ミライエf(フォルテ)を発売中。
  • ドコモ  …  スマートフォンジュニアを製造中止。らくらくスマートフォンMeが子ども向け。
  • ソフトバンク … 過去に発売歴なし。代理店では、シンプルスマホまたは普及機を勧めることが多い。

auのミライエは、キッズスマホの元祖、ドコモのスマートフォンジュニアを研究して作られており、完成度は高いです。アプリ(ゲーム、LINE、まんが)ごとに使用の可否を保護者が決められ、居場所管理、緊急ブザー(保護者への自動通報)を備え、子ども向けスマホとしては信頼できる機種です。

広告

auのキッズスマホ、ミライエfの本体価格、月額料金(費用)

auのキッズスマホ、ミライエf(フォルテ)の月額料金は、本体価格の分割を含め、月4604円です。

  • 子ども(小学生まで)の場合、データは月に2GB、通話は1日1分(発信)が標準的です。
  • auのミライエf(フォルテ)は、機種代がよくある24分割でなく、36分割となっています。
  • auのサイトに表示されるプランには、通話代が含まれていません。

auミライエfでLINEは使用できる?

auのキッズスマホ、ミライエfは、iPhoneではなくGoogle系のandroid(アンドロイド)に属します。そのため、アプリの購入(無料のものも含む)は、Google Playを使用します。LINEのアプリは、Google Playに置かれており(無料)、auのミライエfはGoogle Playにアクセスできるため、LINEの使用は可能です。

なお、ミライエfは、アプリの導入は許可制ですので、使用させないこともできます。また、機種の利用可能時間帯・総利用時間管理を設定できますので、LINEを使わせたくない時間には、使用を禁止することも可能です(同時に、ネット上の辞書やウィキペディアなども使用できなくなります)。

auミライエf最大のライバルは、制限機能充実のTONEモバイル

auのキッズスマホ、ミライエの最大のライバルと言える機種が、格安スマホのTONEモバイルです。子ども向けスマホ元祖のドコモが開発競争から脱落して以来、auミライエとTONEは、互いに意識しあい、機能強化を図っています。

管理・制限機能比較表

ミライエf(エフ) TONE
ゲームの利用と管理 ゲーム1つ1つの使用許可を親が決定できる。 ゲーム1つ1つの使用許可を親が決定できる。さらにゲームごとに、利用可能時間帯・総利用時間を親が設定できる。
LINEの利用と管理 利用の可否を親が決定できる。 利用の可否と、利用可能時間帯・総利用時間を親が設定できる。
音声通話 1分40円(または1回5分以内かけ放題プラン) 1回10分以内かけ放題(または1分20円)
現在地把握 保護者のスマホから可能(有料) 保護者のスマホ・PCから可能(ファミリーオプション200円に含む)。
防犯ブザー あり。ブザー利用時に、自動でカメラを起動し、写真と位置を保護者にメール。 なし
インターネットへのアクセス制限 有害サイトのブロック機能(無料) 有害サイトのブロック機能。全国の公教育と同じ「ALSI」のシステムを利用(100円/月)。
歩きスマホ対策 警告画面が出て、一時的に操作できない。 警告画面が出て、一時的に操作できない。親のメールにも通報。
利用可能時間帯・総利用時間管理 利用可能時間帯・総利用時間管理を設定可能。 利用可能時間帯・総利用時間管理を、アプリごとに設定可能。
その他 人を傷つける言葉を入力すると警告が出る。防犯ブザーは、セコムへの連絡も可能(有料) 現在の居場所だけでなく、当日の行動経路も確認可能。登録した場所(学校・塾・駅など)への出入りを把握し、自動通知も可能。

両機種とも、アプリ(ゲーム、LINEなど)のインストールを、保護者が個別に判断できる機能が備わっています。

auミライエfだけにある機能は、以下の通りです。

  • 防犯ブザーつき。防犯ブザーのスイッチが押され10秒経過すると、保護者のスマホ(または勤務先等)に自動通報。同時に居場所の記録もメールします。
  • 別途有料ですが、ブザーが押された際に、セコムの警備員が現場に急行する契約も可能。
  • 常にデータは高速通信。WiFi環境でなくても、動画の閲覧が可能です。

TONEモバイルだけにある機能は、以下の通りです。

  • アプリ(ゲーム、LINE)について、個別にインストールの可否を判断できるだけでなく、個別に使用時間(総利用時間または利用時間帯)を設定可能。
  • 例えば、ポケモンGOは1日30分だけ、LINEは夕方だけ、学習アプリは1日中OKのような設定ができます。auの場合、利用可能か一切不可能かの設定がメインです。
  • データ通信は、中速無制限。動画は原則WiFi環境となりますが、テキストサイトや写真サイトなら、追加料金はありません。

TONEモバイルは画面切り替えで、高校生や大学生になっても使用できます。auミライエは、かつては小学生向けのデザインでしたが、ミライエf(フォルテ)は、中学生でも違和感がないデザインに変更されました。

総合的に見ると、次のように言えるでしょう。

  • auミライエf  …  女子小中学生のように、つきまといやストーカーが心配されるなら、防犯ブザーがあるミライエが向いている。
  • TONEモバイル …  ゲームは1時間、学習ソフトやウィキペディアは1日中、のように、保護者が学力向上の武器として、スマホを与えたいならTONEが魅力。

このように言えます、TONEは、例えば塾の場所を記録すれば、出入りの際に保護者に通知し、さらに塾にいる時間帯は、必要な機能以外自動停止する仕組みまで備えます。全体に、学力を上げるための制限機能が豊富です。auミライエは、セコム契約がオプションにあるように、身の安全を重視した設計だと言えます。

auとTONEモバイルのキッズスマホの比較は、次の記事をご覧ください。

どれが一番安い?子供と小学生のためのキッズスマホランキング

【学力を守る】中学生・高校生のスマホ おすすめ機種ランキング

 

広告


-子ども向けスマホ

Copyright© 子ども向けスマホ.jp(キッズスマホで安全・学力を守る) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.