au|子どもや小中学生のキッズスマホは、ミライエfがいい? おすすめ機種の料金・LINE・機能を説明


親がauだから、子もauを考えているのですが、ミライエfという機種がいいのかしら? LINEのこと、料金や制限機能も気になります。

auのキッズスマホといえばミライエfです。しかし、2017年以来、なかなか新製品が出ず、今後は大人と共通の機種が、スタンダードとなる可能性も高いです。機種選びを、分かりやすく説明します!



小学校4教科+新教科セットなのに格安
注目  学習タブレット・スマイルゼミの口コミと評判(小学生版)

auのキッズスマホ、基本はミライエf(フォルテ)だが……

auのミライエf(フォルテ)は、2017年以来、新製品が出ないのは、なぜなのかしら?

はい。2018年に青少年インターネット法(※)が施行されたことが大きいでしょう。この法律で、全ての機種に、青少年向けのフィルタの設定が義務づけられました。

※青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律

auは、販売店で扱っている全てのスマホに適用できる、あんしんフィルターを開発しました。これにより、わざわざ子ども専用の機種を開発しなくても良くなった、という背景があります。同じ理由で、ドコモも、子ども専用機の新発売を行っていません。

また、ミライエf(フォルテ)が、大人が使っても違和感を持たないほどの基本性能を持っており、現在でも使用に耐えるという点もあります。


ミライエfのLINE使用、制限機能は?

ミライエfは、GooglePlayストアに対応していますので、LINE、ゲームなど、すべてのアプリの使用が可能です。

あんしんフィルターで、基本的な制限ができる

au【7点】
  • 1
    使用時間制限 1点
    あんしんフィルター(大手キャリア共通規格)で、一般的な使用時間帯制限が可能(アプリごと制限不可)。
  • 2
    アプリの制限 2点
    あんしんフィルターは、デフォルトの一括制限のほか、個別制限も可(androidのみ)。
  • 3
    居場所の確認 2点
    あんしんフィルター(大手キャリア共通規格)で可能。
  • 4
    ネットフィルター 2点
    あんしんフィルター(大手キャリア共通規格)で、アダルト、SNSなどの制限が可能。
  • 5
    歩きスマホ制限 0点
    あんしんフィルターに機能なし。

(注)iPhoneでは制限が働かず、iPhoneの本体での操作が必要な機能もあります。

上は、ミライエfはじめ、auで販売している全てのスマホに適用できる、あんしんフィルターの制限機能です。おおむね安心ですが、欠点もあります。

それ、使用時間帯制限のみ可能で、きめ細かな時間制限ができないことです。例えば、21時以降は使用禁止という設定はできますが、LINEは使用できず、スタディサプリは使用OKというような設定はできません。

ミライエf(フォルテ)の制限機能は、非常に安心

ミライエf(フォルテ)だと、auのほかのスマホではできない、アプリ1つ1つの制限や許可ができるのね!

 ミライエf(フォルテ)TONE
アプリの利用と管理アプリごとに使用許可を親が決定できる。アプリ1つ1つの使用許可を親が決定できる。さらにアプリごとに、利用可能時間帯・総利用時間を親が設定できる。
LINEの利用と管理利用の可否を親が決定できる。利用の可否と、利用可能時間帯・総利用時間を親が設定できる。
音声通話1回5分以内かけ放題プラン(または1分40円)1回10分以内かけ放題(または1分20円)
現在地把握保護者のスマホから可能(有料)保護者のスマホ・PCから可能(ファミリーオプション200円に含む)。
防犯ブザーあり。ブザー利用時に、自動でカメラを起動し、写真と位置を保護者にメール。なし
インターネットへのアクセス制限有害サイトのブロック機能(無料)有害サイトのブロック機能。全国の公教育と同じ「ALSI」のシステムを利用(100円/月)。
歩きスマホ対策歩きスマホ警告画面が出て、一時的に操作できない。警告画面が出て、一時的に操作できない。親のメールにも通報。
利用可能時間帯・総利用時間管理利用可能時間帯・総利用時間管理を設定可能。利用可能時間帯・総利用時間管理を、アプリごとに設定可能。
その他人を傷つける言葉を入力すると警告が出る。防犯ブザーは、セコムへの連絡も可能(有料)現在の居場所だけでなく、当日の行動経路も確認可能。登録した場所(学校・塾・駅など)への出入りを把握し、自動通知も可能。

auの通常のスマホでは利用できず、ミライエfならではの機能は、①防犯ブザー、②歩きスマホ警告、③セコムへの自動連絡(有料)です。連れ去りの危険がある、女子向けに設計されています。

ミライエf(フォルテ)の月額料金は、4680円(家族割)

ミライエf(フォルテ)の月額料金は、家族2人がauを使用していて3人目の場合、月額4680円となります。

項目月額料金
機種代(21600円を2年で分割)900円
契約プラン(ピタットプラン 4G LTE、月4GBまで)3980円
通話オプション(5分以下かけ放題)800円
家族割(3人目の加入の場合。2人目だと▲500円)▲1000円
月額合計4680円

最新のスマホだと、機種代の月額が1000円前後は高くなるから、機種が古い分お得ね。ただ、中学に上がったら、子どもがデザインをいやがる可能性はあるわね……。


ミライエfは、やや子どもっぽいデザイン?

auミライエhf(フォルテ)は、どちらかというと小学生が持ちたいデザインのように見えます。例えば、小5でスマホを与えるなら、中2か中3までは使用できますので、先を見越して、大人向けのデザインのスマホを選ぶ手もあります。

ミライエf以外のスマホを選ぶと、あんしんフィルターは使えるけど、①防犯ブザー、②歩きスマホ警告、③セコムへの自動連絡機能(有料)がなくなるのよね。


auのアンドロイドやiPhoneも選択肢

auのあんしんフィルター【7点】
  • 1
    使用時間制限 1点
    あんしんフィルター(大手キャリア共通規格)で、一般的な使用時間帯制限が可能(アプリごと制限不可)。
  • 2
    アプリの制限 2点
    あんしんフィルターは、デフォルトの一括制限のほか、個別制限も可(androidのみ)。
  • 3
    居場所の確認 2点
    あんしんフィルター(大手キャリア共通規格)で可能。
  • 4
    ネットフィルター 2点
    あんしんフィルター(大手キャリア共通規格)で、アダルト、SNSなどの制限が可能。
  • 5
    歩きスマホ制限 0点
    あんしんフィルターに機能なし。

現在、auは、販売するすべてのスマホに、あんしんフィルターを設定することができます。ミライエf独自の、①防犯ブザー、②歩きスマホ警告、③セコムへの自動連絡機能(有料)は使用できません。

子ども向けの制限機能にこだわりたい方は、下のページで紹介の、TONEモバイルも検討してみてください。


auのアンドロイド(ミドルクラス標準機)のおすすめ

Xperia 8 SOV42(SONY)

Xperia の2019秋冬モデル。縦長で、手が小さな人でも持ちやすく、画面の上下分割も便利。カメラは、広角も搭載で、背景ぼけの写真もOK。音楽は、ハイレゾ対応で、SONYらしいこだわり。廃止した機種が多い、イヤホンも対応。

機種代 44645円。1555円(2年間分割)
欠点 操作のレスポンスがややもっさり。カメラの画質は標準程度。

普及機だから、サクサクとしたレスポンスが期待できないのが欠点だけど、スタイリッシュで、男子も好みそうなデザインはいいわね。Xperiaは、ブランドイメージがよいから、ブランドに弱い中高生は、気に入りそう。

Galaxy A20 SCV46(サムスン)

Galaxy の2019年秋冬モデル。入門機種。5.8インチだが、縦長の設計で、手が小さな小学生でも持ちやすい。性能はやや低めも格安。かんたんモード搭載で、初めてのスマホ向けだが、デザインは、中学生くらいまでなら使える。2万円弱。

機種代 22000円。700円(2年間分割)
欠点 操作のレスポンスがややもっさり。手触りが安っぽい。カメラ画質は少し低め。

値段のわりに、評判がよく、国産ブランドにこだわらないなら、掘り出し物の機種よ。コスパがよく、一時はiPhoneよりも売れたほど。小学生から中学生向きね。

AQUOS sense3(シャープ)

AQUOSの2019年秋冬モデル。シャープ製でディスプレイが見やすく、電池持ちがよく、1日なら、充電機を別に持ち歩く必要は、ほぼなし。広角レンズを装備。ホームボタンがあるのが便利。シンプルモード搭載で、小学生も安心。3万円前後。

機種代 22000円。700円(2年間分割)
欠点 操作のレスポンスがややもっさり。高度なゲームは対応しない可能性。カメラの画質は標準程度。バッテリーが大きい分、少し重い。

普及機だから、サクサクとしたレスポンスが期待できないのが欠点だけど、女子向けのやわらかいデザインはいいわね。ブランドイメージがよいから、中高生は、気に入りそう。

 au公式サイト

項目月額料金
機種代(Xperia 8 SOV42は、1555円)700円
契約プラン(ピタットプラン 4G LTE、月4GBまで)3980円
通話オプション(5分以下かけ放題)800円
家族割(3人目の加入の場合。2人目だと▲500円)▲1000円
月額合計4480円

※Xperia 8 SOV42は、月額合計5335円。

ミライエfは、4680円だから同じくらいね。防犯ブザーがいらないなら、中高生まで使えるデザインの、一般のアンドロイドがよいかも知れないわね。

  • 小4くらいで与えるので、壊れることも考え、安いもので → Galaxy A20 SCV46(サムスン)
  • 中学までは使える機種で(男子) → Xperia 8 SOV42
  • 小4から中学生まで(女子) → AQUOS sense3

少し高くても、高校生まで使える機種をという場合、下のページでは、iPhoneについて分かりやすく説明しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました