学力・教育・塾

スマホ18の約束・日本語版~子ども・中学生のスマホルールと約束~

更新日:

スマホを初めて持つ子ども(小学生・中学生)との、約束としてよく参考にされるのが、スマホ18の約束。この記事では、スマホ18の約束の原文をもとにした、正しいルールの決め方を責任を持って紹介します。

筆者:教育業界20年。元・大学正規サークル英語会所属。

広告

スマホ18の約束は、誰が誰に書いたもの?

出典:abcNEWS

「スマホ18の約束」は、アメリカでブロガーをしている、5人の子を持つ母親が、13歳になる息子と交わした約束です。多少注意して頂きたいのは、ブロガーという特殊な職業であること、また日本の平均的な親子関係に比べると、親密に見えることです。

そのフランクな関係は、18の約束の冒頭の言葉、It is my phone. (このスマホは、あなたに渡すだけであって、私のモノよ)に垣間見えます。日本では、仲の良い母と娘に見られるような距離感です。お子さんが小学生の場合は参考になりますが、中学生の場合、比較的まじめな女子でないと適応は難しいでしょう。

広告

スマホ18の約束の日本語訳

スマホ18の約束は、子どもや中学生にスマホを与えることを考えている保護者にとって、バイブル的存在です。現在、日本語訳も出回っていますが、原典に直接あたり、ニュアンスを重視した短い訳語をつけ加えました。

1 このスマホの持ち主は、あくまでもお母さんよ。

It is my phone. I bought it. I pay for it. I am loaning it to you. Aren't I the greatest?

憲法前文のような、大原則の部分です。子どもに、スマホを買い与えたわけではないと、理解してもらうことが重要です。リース契約のようなイメージになります。

2 パスワードを決めたら、お母さんに知らせること。

3 お母さんやお父さんから着信があったら出なさい。必ずよ。

If it rings, answer it. It is a phone. Say hello, use your manners. Do not ever ignore a phone call if the screen reads "Mom" or "Dad". Not ever.

4 夜の間、スマホはママに預けて。電話は、仮に家の電話だとしても、堂々と話せるお友達限定よ。こそこそ電話して、相手のお宅に心配をかけてはダメ。

Hand the phone to one of your parents promptly at 7:30pm every school night & every weekend night at 9:00pm. It will be shut off for the night and turned on again at 7:30am.If you would not make a call to someone's land line, wherein their parents may answer first, then do not call or text. Listen to those instincts and respect other families like we would like to be respected.

スマホによるトラブルや、学力の低下は、必ず夜に起きます。夜の時間帯の使用にどんなルールを決め、どう管理するかが重要です。愛知県刈谷市では、市内の中学生に、21時以降のスマホの利用を控えるように通達を出しています。

また、子ども向けスマホのTONEモバイルは、2018年1月から、22時から朝6時までT1カ月間スマホを使わないようにすると、高速チケット1GB分がプレゼントされる仕組みがスタートしました。TONEモバイルは、下のランキングにも登場します。

どれが一番安い?子供と小学生のためのキッズスマホランキング

5 学校には持っていかないこと。直接話した方が、あなたの力になるわ。

日本では、スマホの使用を禁止する小中学校が多いことと、登下校時の連絡や安全管理に使用するニーズがあるため、このルールの設定は状況に応じてとなります。

6 壊したら自己負担。一度はありうることだから貯金をしておいて。

スマホは落下・水没が、壊す要因です。最近のスマホは、防水や落下の衝撃を抑えるタイプが増えてはいます。

7 うそや人を傷つけるための道具じゃないわ。人が人を傷つけるのを傍観したりそれに参加したりもダメ。

Do not use this technology to lie, fool, or deceive another human being. Do not involve yourself in conversations that are hurtful to others. Be a good friend first or stay the hell out of the crossfire.

小学生は少ないですが、中学生はLINEのグループによる、無意識的なものを含む集団いじめが起きやすい状況です。

8 書き込む前に、その言葉を直接相手に言えるか考えなさい。

9 友達に、その家族が聞いたら傷つくようなことを言ってはダメ。

LINE、SNS等でのトラブルを防ぐために、相手やその家族に直接言える言葉かどうか、とい観点は重要です。

10 大人向けの画像は禁止よ。私に見られても恥ずかしくないものだけにしなさい。

有害サイトへのフィルターは、日本の法制度の背景もあり、大手キャリア・格安スマホとも完備しています。スマホの持ち主であっても、未成年は変更・解除ができない仕組みです。ただし、画像に関しては、検索からヒットしてしまうことも多く、完全にガードするのは難しいでしょう。

11 レストラン、映画館、そして人と話しているときはスイッチオフかマナーモードにしなさい。

12 あなたや知り合いの裸の写真はやり取りしてはダメ。一生つきまとわれ巨大なインターネットから、跡形もなく奪い取ることは絶対に不可能よ。

個人情報の保護は、学校でも丁寧に教えますが、家庭でもぜひ伝えたい内容です。

13 写真や動画もいいけれど、保存はそこそこにね。肌身で感じて記憶したものは、一生ものよ。

Don’t take a zillion pictures and videos. There is no need to document everything. Live your experiences. They will be stored in your memory for eternity.

写真撮影は、教育上マイナスとは言えませんが、対象をよく観察し、調べ、考えをめぐらすことが、子供の成長には重要です。

参考:小学生(子ども)はカメラ不要 スマホで大丈夫は本当?

14 ときどきスマホなしで外出なさい。スマホは、不可欠なものではないの。流行に流されないのも大人の生き方よ。

Leave your phone home sometimes and feel safe and secure in that decision. It is not alive or an extension of you. Learn to live without it. Be bigger and more powerful than FOMO – fear of missing out.

経験や人との対話が子どもを成長させる。とても重要なことが述べられています。例えば旅行にスマホを持って行かせると、退屈をすることはありませんが、ゲームや動画が気になり、多くのことを吸収できなくなる可能性があります。

15 チャートにない、新旧の音楽をダウンロードしてごらんなさい。こんなに音楽に手が届く時代は初めてよ。

例えば、平安時代から演奏されている日本の音楽、はるかアフリカや南アメリカの音楽。スマホを介することで、かつてない広い世界との接点を持つことができます。

16 はやりのゲームばかりでなく、言葉遊びやパズルなど、頭を使うゲームもときどきね。

多くの子どもが好きなゲームは、かわいいキャラクターが出現したり、スピードを伴う快楽を追求した流行のゲームです。しかし、よく観察すると、塾に通うような子どもたちは、グループで会話しながらポーカーで遊んでいたり、将棋に挑戦したりすることもあります。この差が日々積み重なってゆくことで、逆転不可能な学力差が生じるとも言えます。

17 検索の世界だけでなく、鳥がさえずる現実の世界もご覧なさい。歩いて見知らぬ人との会話も、楽しみなさい。

Keep your eyes up. See the world happening around you. Stare out a window. Listen to the birds. Take a walk. Talk to a stranger. Wonder without googling.

18の約束で何度もくり返されるのが、体験と対話の重要性です。

18 スマホの扱いに失敗したら一度お母さんに返して、じっくり話し合いよ。お互いに成長してゆきましょう。

スマホ18の約束 まとめ

  • 1 このスマホの持ち主は、あくまでもお母さんよ。
  • 2 パスワードを決めたら、お母さんに知らせること。
  • 3 お母さんやお父さんから着信があったら出なさい。必ずよ。
  • 4 夜の間、スマホはママに預けて。電話は、仮に家の電話だとしても、堂々と話せるお友達限定よ。こそこそ電話して、相手のお宅に心配をかけてはダメ。
  • 5 学校には持っていかないこと。直接話した方が、あなたの力になるわ。
  • 6 壊したら自己負担。一度はありうることだから貯金をしておいて。
  • 7 うそや人を傷つけるための道具じゃないわ。人が人を傷つけるのを傍観したりそれに参加したりもダメ。
  • 8 書き込む前に、その言葉を直接相手に言えるか考えなさい。
  • 9 友達に、その家族が聞いたら傷つくようなことを言ってはダメ。
  • 10 大人向けの画像は禁止よ。私に見られても恥ずかしくないものだけにしなさい。
  • 11 レストラン、映画館、そして人と話しているときはスイッチオフかマナーモードにしなさい。
  • 12 あなたや知り合いの裸の写真はやり取りしてはダメ。一生つきまとわれ巨大なインタ0ネットから、跡形もなく奪い取ることは絶対に不可能よ。
  • 13 写真や動画もいいけれど、保存はそこそこにね。肌身で感じて記憶したものは、一生ものよ。
  • 14 ときどきスマホなしで外出なさい。スマホは、不可欠なものではないの。流行に流されないのも大人の生き方よ。
  • 15 チャートにない、新旧の音楽をダウンロードしてごらんなさい。こんなに音楽に手が届く時代は初めてよ。
  • 16 はやりのゲームばかりでなく、言葉遊びやパズルなど、頭を使うゲームもときどきね。
  • 17 検索の世界だけでなく、鳥がさえずる現実の世界もご覧なさい。歩いて見知らぬ人との会話も、楽しみなさい。
  • 18の約束で何度もくり返されるのが、体験と対話の重要性です。
  • 18 スマホの扱いに失敗したら一度お母さんに返して、じっくり話し合いよ。お互いに成長してゆきましょう。

スマホ18の約束を、お子さんに合ったルールに変換するためには?

出典:abcNEWS

スマホ18の約束は、反抗期のなかった娘と母親のような、親密で信頼し合う親子が交わした約束です。abcNEWSに出演した、13歳の息子 Greg Hoffmanは、非常に素直な性格に見えます。そもそもこの約束を交わせる時点で、余り心配がない子どもだとも言えます。

スマホ18の約束を、日本の個々のお子さん向けのルールに変換するには、貫かれている大原則を押さえ、その子にあったルールに書き換える必要があります。

スマホ18の約束に貫かれている5つのルール(大原則)

  1. スマホは、お母さんがあなたに貸し出すものよ。約束が守れない場合、1度返して話し合いをします(1・2・18)。夜は、スマホは預かります(3)。
  2. 実体験を大切にして、それについて考えを巡らせること。そして、人との会話が1番重要よ(11・13・14・17)。
  3. 相手や家族を傷つける言葉を、LINEやインターネットに書き込んでダメ(7・8.9)。
  4. おもしろいだけのゲームは控えめにして、頭を使う遊びもしなさい(10・16)。
  5. 自分や友だちの写真は、ネット上に上げてはダメ(12)。

以上を参考に、ご家庭でオリジナルのルールを作ることもできます。なお、大枠のヒントを与えて、細かい条件や言葉は、本人に考えさせることで、子どもの頭のなかにルールを深く根づかせることができます。この手法は、学習塾では、ある程度一般的なものです。

ルール(大原則)1 スマホは貸し出すもの。夜は親が預かる。

  • スマホは、19時~7時の間は、親に返す。
  • スマホは、自宅では、居間でしか触らない(居間に置き場を決める)。

例えば、上のような約束をします。夜の時間にスマホを自由に触らせることは、勉強時間が減ることに直結しますし、スマホ18の約束のなかで4項目をも占める、体験・思考・会話の時間を奪ってしまいます。

なお、TONEモバイルでは、上のような親子スマホの約束をこちらからダウンロードし、コンビニなどで印刷することができます。TONEのスマホであれば、子どもが書いた時間を入力することで、実際に利用制限ができます。22時~6時の使用禁止を1か月守った場合、1GB分の高速チケットがもらえます。

関連記事:どれが一番安い?子供と小学生のためのキッズスマホランキング

ルール(大原則)2 実体験・思考・会話こそ宝物

  • スマホは、1日1時間まで。

例えば、上のような約束をします。保護者が子どものスマホ利用をしっかりと監視するか、auミライエ、TONEモバイルのような、使用時間を制限できる機種を与えます。

学力の高い子どもを輩出する家庭は、ネットの情報よりも、実体験やそれを土台とする思考経験、人との生きた会話が奥深いことをよく知っています。そのため、次のようなことが、自然と行われています。

  1. 本を与えて、話し合う。
  2. 質の良いテレビ番組を見せ、親が問いかける。
  3. 旅行など、良い体験をさせ、考えを広げる手助けをする

このように育った子どもたちは、都会では、塾などを通じて出会い、一緒に過ごすことが多くなります。彼らは、塾帰りにファストフードに寄り、通信ゲームを始めるような普通の子どもと変わらない面もありますが、ポーカーをしながら政治談義をするような場面もあり、驚きます。

13歳の Greg Hoffmanの母親は、人気ブロガーですのでインターネットを軸にした生活を営んでいます。なぜそのような母親が、スマホよりも体験・思考・会話という主張をするのでしょうか? それは、いま彼女が発信しているコンテンツの土台が、幼少から青年期の体験・思考・会話にあるからです。言い換えれば、経験の土台のない幼い頃にスマホばかり触らせても、ビジネスの食い物にされて終わるだけということです。 Greg Hoffmanの母親は、インターネットの意義を理解しつつも、「お金を取る側」に回るためには、体験・思考・会話こそが宝物だと考えているのです。

ルール(大原則)3 相手や家族を傷つける言葉は、厳禁

  • LINE、インターネットに、相手や家族を傷つける言葉は絶対に書かない。

例えば、上のような約束をします。

相手を傷つけるというフィルターに加え、家族(親)を傷つけるというフィルターが加えられているのが、Greg Hoffman母の秀逸な点です。いつもチビと言われて本人も表向きは気にしていないからといって、その友達に「おい、チビ!」と書き込めば、少なくとも母親は悲しむでしょう。思わず書き込んでしまうような言葉に対して、2つめのフィルターが効くところが奥深いです。

背景には、Greg Hoffman君が、母親を傷つけたくないという気持ちを持っていることがあります。自分の母親を傷つけたくないから、友達の母親を傷つけることの痛みが分かるということです。そのため、この言い回しは、反抗期の男子中学生には通用しないかも知れません。

LINEならではの、文字打ちのルール

電話のさい、大人の女性は、声がワントーン低く聞こえるのを知っていますので、高い声で話します。同様に、女子中高生は、LINEなどの言葉が、とげとげしく見えるのを知っている場合も多く、「!」マークや顔文字を多用します。

しかし、小学生は、このことに気づいていないことも多いため、親が1度教える必要があるかも知れません。

ルール(大原則)4 ゲームは控えめにして、頭を使う遊びも

  • ゲームやまんがは、けじめをつけて。

例えば、上のような約束をします。

ゲームやまんがは、子どもを引き込み、中毒にしてしまう要素があります。ゲームのなかでも、単純に長く時間をつぶす要素が強く、エンターテインメントと強い刺激に特化しているパズル系ゲームは、特に注意が必要です。

親が適切な教育を重ねてきた子どもは、パズルゲームでは飽き足らず、さまざまなゲーム、雑誌、本、勉強、体験、志向経験、会話に興味を示します。もし、時間つぶしの派手なゲームけで時間を消費してしまう子がいたとすれば、一生取り戻せない学力差になります。

例えば、TONEモバイルでは、ゲームなどのアプリの使用時間を個別に管理できます。上の画面は、つぎのように設定しています。

  • LINEは、16時から20時。
  • ポケモンGOは、合計1時間。
  • ニュースアプリとウィキペディアは、無制限。
  • パズドラは、合計30分。

ルール(大原則)5 自分や友だちの写真は、ネットにのせない。

  • 自分や友だちの写真は、ネットにのせない。

例えば、上のような約束をします。自分や友だちの顔や住まい、学校が分かるような情報は、子どもを狙った犯罪に悪用されることも多く、生死に関わるとも言えます。

【まとめ】スマホ18の約束に貫かれる、大原則5つ

  • ルール(大原則)1 スマホは貸し出すもの。夜は親が預かる。
  • ルール(大原則)2 実体験・思考・会話こそ宝物
  • ルール(大原則)3 相手や家族を傷つける言葉は、厳禁
  • ルール(大原則)4 ゲームは控えめにして、頭を使う遊びも
  • ルール(大原則)5 自分や友だちの写真は、ネットにのせない。

子どもの将来、はっきり言えば貧困か恵まれた暮らしかを左右する要素が1・2・4です。そして、人間関係につながる要素が3。命にもかかわる要素が5です。

このように見てくると、「スマホ18の約束」は、単にうまくまとまっているという次元ではなく、相当深い部分まで見通したうえでのルールだと分かります。ぜひ参考にしましょう。

子どもにあったスマホは、下のランキングで紹介しています。

広告


-学力・教育・塾

Copyright© 子ども向けスマホ.jp(キッズスマホで安全・学力を守る) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.