【徹底比較】トーンモバイルe20|口コミ、評価、メーカー、スペックを分かりやすく


<br>

子ども向けに人気のトーンモバイルの新機種e20って、どうなんだろう?という方に、トーンモバイルe20のスペック、評価、口コミ、メーカー、おサイフケータイを、分かりやすく説明してくれます!

メーカーは? トーンモバイルe20は、フランスのメーカー(Wiko)製です。このメーカーの評価は、ページ内に記しました。


トーンモバイルの中速無制限については、下のボタンから。


小学校4教科+新教科セットなのに格安
注目  学習タブレット・スマイルゼミの口コミと評判(小学生版)

トーンモバイルe20ってどんな機種? フランスのメーカー(Wiko)とは?

トーンモバイルe20
<br>

スマホと言えばiPhoneだし、アンドロイドなら、ソニー(Xperia)やシャープ(AQUOS)よね? トーンモバイルってそもそも何者?

はい。トーンモバイルは、SONYの子ども向け家電だった、マイファーストソニー(写真)に影響を受けた人たちが作った、スマホメーカーです。子ども向けスマホの先駆けといえ、今でも、大手ではできないきめ細かな制限機能で根強い人気を持っています。

そのトーンモバイルの最新機種が、2020年に発売されたばかりのトーンモバイルe20です。この機種をひとことで言えば、ズバリ、ミドルレンジ(定価3万円前後)の標準機種です。例えば、シャープのAQUOS sense3(価格コム人気ランキング第14位)がミドルレンジの代表機種の1つです。

<br>

なるほどね。じゃあ、フランスのメーカー(Wiko)って大丈夫なの?

はい。フランスのメーカー(Wiko)は、2011年創業。フランス市場ではシェア1位、西欧各国でもトップ5以内に名を連ねる、人気メーカーです。日本市場への進出には力を入れてこなかったためマイナーですが、ヨーロッパでは知らない人がいないメーカーとなっています。

左は、フランスのメーカー(Wiko)の代表機種g08(2万円前後)の価格コムでの口コミ評価。右は、ミドルレンジの代表機種の1つ、シャープのAQUOS sense3(3~4万円)の口コミ評価です。

Wikoのスマホは、AQUOS sense3同様、カメラの弱さがありますが、これは安い価格帯であるミドルレンジ共通の弱みです。使う上で印象の多くを占める、操作性とレスポンスは、WikoのスマホがAQUOS sense3を上回るほどです。

トーンモバイルは、歴代初の機種代無料を現在実施中(11月末から)。品切れが予想されます。

①LINEの利用に必要なSMSオプション、②IP電話の10分以内かけ放題がおすすめ(月14分以上の通話でお得になる)。保険は高額ですので、毎月自宅で500円ずつ貯金して、破損に備えると損しません。

ヒント トーンモバイルは、18歳未満の契約は、必ず親権者名義となります。


トーンモバイルe20が大きく変わった点は3つ!

<br>

トーンモバイルe20(左側)は、2000年に出たのよね? 旧機種e19と比較するとどうなのかしら?

はい。比較すると、以下のような変化があります。誰もがよく使う写真機能に関して、カメラがスリーレンズになったことは、見逃せない変化です。

トーンモバイルe20トーンモバイルe19
トリプルカメラトリプルカメラ(レンズが3つ)に進化。超広角レンズも加わり、前年発売のiPhone11Pro/Pro Maxに追随した形。iPhone11と同じ顔認証も追加。ダブルカメラ
保存容量・バッテリー増強データの保存容量は、カメラの進化に合わせ64GBに増加。バッテリーは、3900mAhでやや減ったが、iPhone11(3110mAh)より大容量。32 GB
4000mAh
AIで自撮りを制限AIで裸など不適切な自撮り写真をブロック。なし

サイズは、旧機種e19の5.93インチから、e20では6.26インチとなり変化はわずかです。いずれも片手操作がしづらく見やすい点で、子どもにも持たせたいサイズです。

トーンモバイルは、2つ前のm17と、前機種のe19の間にはかなりの格差がありました(データ保存容量、バッテリー、質感に圧倒的な差)。今回は、e19からe20となり、アルファベットが変わらないように、マイナーチェンジ(小規模なグレードアップ)です。

しかし、トーンモバイルは、機種代が安いことに特徴があり、迷うなら新機種が安心です。とくに中速無制限という電波の制約をカバーするためにはスペックが少しでも新しい方がよく、新機種なら後悔しないでしょう。

(注)頭脳にあたるCPUは、Snapdragon 450 2.0GHz オクタコアというスコアとなり、旧機種e19(Snapdragon 450 1.8GHz)から改善されています。


トーンモバイル e20のカメラは、暗い場所や接写の性能がアップ

<br>

トーンモバイルは、前機種のe19にグレードアップするときに、写真の質が飛躍的に良くなっています。

トーンモバイル e19で撮影

e19の段階で、写真については心配がないレベル(ミドルレンジのスマホとして満足がゆくレベル)にまで達していましたが、e20ではトリプルレンズになり、以下の点が期待できます。

  • 広角カメラが加わり、広い空間の撮影が得意になる。
  • 暗い場所での撮影が強化される。
  • 接写での撮影が強化される。

大人用としてはもちろん、子どもに与えるとしても、中高生になっても使えるカメラに仕上がっています。

トーンモバイルの中速無制限については、下のボタンから。


トーンモバイル e20は、指紋認証から顔認証・指紋認証のダブル認証へ

トーンモバイルの新機種e20では、前機種から採用の指紋認証(背面丸い金具の部分に人差し指)に加え、顔認証が加わりました。顔認証は、夜間やマスク着用時には不便ですが、e20では指紋認証も残されています。これは非常に便利な点です。

文字入力のスムーズさは心配なし

トーンモバイルは、3つ前の機種までは、文字入力がしづらいという大きな欠点がありました。しかしこれは、2つ前の機種m17ですでに改善済みで、心配はありません。

<br>

標準クラスのアンドロイドだから、iPhone最新機種並みのヌルヌル感、サクサク感とはいかないけど、日常の使用には全く問題がないレベルですよ。

フランス製で、ワンセグ・おサイフケータイはなし

トーンモバイルでは、旧機種e19以降、フランスのメーカー(Wiko)製となったため、日本独自のワンセグ(テレビ視聴)やおサイフケータイ機能は、廃止になりました。


トーンモバイルの実際の口コミ

トーンモバイル に乗り換えて暫く使ってみたが、通常時の通信速度は以前より上がっているようでWeb閲覧やSNSでやゲームはほぼ支障なく動作できるレベル。動画とアプリのインストールだけ高速に設定すればなんら問題ないと思う。これで1000円ならかなりのコスパである。

夫婦でauからUQモバイルに切り替えたついでに、長女の携帯もマモリーノからトーンモバイルに切り替え。 月額1000円のスマホで、常時位置情報を確認可能、アプリは親の承諾前提で選択可、利用可能時間を設定できる等、子どもが携帯を使うリスクを極小化できる設計。なかなかおススメです。

うちは子ども2人ともトーンです。e19とe20ですが、外では動画とか見ないので十分みたいです。アプリもインストールするには許可が要りますし、アプリごとに使用時間の設定も出来ますよ。GPSは自宅周辺をゾーニングしておくと出かけたりが解ります。何処にいるのかが大まかに分かるのも良いですね。


トーンモバイル e20のデザインは、いつものようにホワイトのみ

トーンモバイル e20(左側)は、初代から続く、ホワイトのワンカラーが引き継がれました。トーンモバイルの価格破壊(機種2万、月の維持費が千円台)を実現しているのは、デザイン料、在庫のコストを下げるワンカラー戦略が大きいです。

旧機種e19からは、背面に強化プラスチックを使い、ツルツルとしたガラスに近い手触りとなっています。新機種のトーンモバイルe20でも、同様の背面ガラスに近い仕上げが追求されています。

デザインには、国際的なデザイナーの迫慶一郎氏が起用されています。

大きく盛り上がった見やすい画面

トーンモバイルでは、旧機種e19から、上下のフレームが狭くなっています。これは、経験者にしか実感できませんが、集中力をそらすフレームが狭くなったことで、サイト閲覧の快適さは雲泥の差となります。

さらに、画面が盛り上がってこちらに迫ってくる感じが、より見やすさをアップしています。これはiPhoneにはない要素です。

●名称:トーンモバイル e20 ●外形寸法:約159×76.5×8.2mm ●重さ:175g ●メモリ:4GB ●ディスプレイ:6.26インチ(1520×720) ●記憶容量:64GB/SDカード対応(最大256GB)※ ●CPU:Mediatek Helio P22 (MT6762WB) Octa-Core  ●カメラ:リア(トリプル)1200万画素+1300万画素+200万画素/フロント800万画素 ●SIMカード:nano SIM ●同梱物:ACアダプタ/micro USBケーブル/置くだけサポート ●対応規格:Wi-Fi( 802.11 b/g/n 2.4GHz)/Bluetooth(4.2)/GPS/指紋認証/顔認証

以上、トーンモバイル新機種e20を、旧機種e19と比較しました。

トーンモバイルは、販売店舗が少なく、待ち時間が発生します。
機種や色の選択は不要のため、オンライン購入がおすすめです。 実際に購入しましたが、数日で届き、起動もカンタン(子どもでもできるレベル)。メリットは、覚えやすい電話番号をじっくり選べる点と、待ち時間がない点です。

トーンモバイルは、歴代初の機種代無料を現在実施中(11月末から)。品切れが予想されます。

①LINEの利用に必要なSMSオプション、②IP電話の10分以内かけ放題がおすすめ(月14分以上の通話でお得になる)。保険は高額ですので、毎月自宅で500円ずつ貯金して、破損に備えると損しません。

ヒント トーンモバイルは、18歳未満の契約は、必ず親権者名義となります。

お子さん用にご検討の方は、続きもご覧ください。

トーンモバイルの制限機能は、こども向けスマホでトップ

トーンモバイルe20の制限機能【10点】
  • 1
    使用時間制限 2点
    一般的な使用時間帯だけでなく、総使用時間、アプリ(LINE、ゲーム等)ごとの使用時間を設定できる唯一の機種。
  • 2
    アプリの制限 2点
  • 3
    居場所の確認 2点
    精度が高い。また、学校・塾・自宅の出入りの自動通知もできる。
  • 4
    ネットフィルター 2点
  • 5
    歩きスマホ制限 2点
    精度が適切で、歩いていないのにしつこく作動することがない。

使用時間制限は、アプリごとの使用時間も制限可能!

トーンモバイルは、ポケモンGOは1日1時間以内、YouTubeは親の目が届く、19時~20時だけみたいな設定も可能なのよ。

トーンモバイルは、ほかの機種のような利用時間帯の制限だけでなく、総使用時間の制限も可能です。さらに、アプリ(ゲーム、LINEなど)ごとに制限内容を決められる唯一の機種です。

アプリ(LINE、ゲーム等)の許可は、子どもからのリクエスト式のため簡単です。許可する場合でも、アプリごとに時間を制限(使用時間帯または総使用時間)できます。

居場所確認は、かなり精密

このほか、居場所把握機能は、画像のように、品川駅(東京都)で在来線から新幹線に乗り換えたことまで分かる精度があり、スマモリなど外部アプリのように、誤動作はありません。

また、トーンモバイルでは、学校、塾、自宅に出入りしたら自動通知する機能も設定できます。

ネットのフィルターは、学校教育水準

トーンモバイルのインターネットフィルターは、学校で採用されているのと同じ、アルシー(ALSI)のものなんですよ。

トーンモバイルのフィルター精度は、非常に高いです。この辺が、全国子ども会連合会推薦や、大手キャリアでも取れない、東京都など9都県市の推奨を取れた理由でしょう。

YouTubeは、アプリを制限しても、インターネット経由で見ることもできます。そのため、インターネットフィルターの精度も不可欠です。

歩きスマホ警告

トーンモバイルは、歩きスマホ警告が可能です。その精度も適切(厳しすぎず甘すぎず)で、親へのメールで報告も可能です。精度が厳しすぎると、少し動かしただけで注意画面が出るなど、操作性がかなり落ち、子どもがスイッチオフを要求しがちです。

トーンモバイルは、現在主流の6インチを採用。片手操作がしづらく、とくに手の小さな子供は、歩きスマホ自体のモチベーションが下がる点はメリットです。

トーンモバイルの料金計算

概要(料金表月額料金(税別)
基本プラン1000円
SMSオプション(LINE使用に必須)100円
かけ放題オプション(別料金より割安)500円
機種代(2年間で分割)※2020年11月末から在庫切れまで、Web申し込みで無料キャンペーン実施中。
月額合計1600円
(3年目以降の月額)(1600円)

※電話は、通話代別途のプランも可能ですが、月に合計利用時間が14分を超えると、かけ放題が安くなります。

トーンモバイルの月額費用は、LINEの利用に必要なSMSオプションやIP電話の10分以内かけ放題をつけ2425円。データ利用は、動画の閲覧ができない、中速無制限です。原則、追加費用はなし。

追加費用が発生するとしても、Wi-Fi環境以外で動画を見る場合の高速チケット代300円(1GB)程度です。1GB=300円は、他社の3分の1以下の値段です。

子どもに持たせるなら、高速チケット代の300円をおこづかいから引くこととすると、動画の見過ぎが予防できますよ。あと、夜間の使用禁止設定を1ヶ月続けると、1GB分の高速チケットは無料でもらえるのよ。

オプションは、①050のIP電話かけ放題(月に25分以上の発信通話利用で得になります)、②SMSオプション(LINE開設に絶対に必要)の2つがおすすめです。

※安心オプションは月500円です。もし3年後にスマホが壊れた場合、3年分の保証料18000円に端末交換手数料を足すと23000円。端末価格(19800円)とより高くなります。壊さなければ全てかけ捨てになります。心配な場合、月500円ずつ貯金箱に貯金しておくと、安心です(壊れなかった場合、3年後に18000円のおこづかいになります)。

ヒント トーンモバイルは、小学生の契約は、必ず親権者名義となります。

もし、子どもにスマホを与える場合、最低でも制限機能がしっかりした機種を与えてください。次のページにわかりやすく説明しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました