トーンモバイルのデザリングがつながらない💦

トーンモバイルのデザリングがつながらないときの対処法です。

子ども向けスマホ.jp

デザリングは、ときどき自動的にオフになってしまう!

トーンモバイルのデザリングは、ときどき自動的にオフになってしまいます。スマホの下に親指か人差し指を当て、画面を跳ね上げ、アプリ一覧を出します。

設定をタップして、ネットワークとインターネット→アクセスポイントとデザリングの順で進みます。


Bluetoothデザリングをオンにします(機種によってはWi-Fiデザリングとなっています)。

ノートPCやiPadなどに、上の鎖(くさり)マークが出れば、トーンモバイルとの接続に成功しています。


接続できたが、ネットが見られない

接続できたのに、ネットが見られない場合は、トーンモバイルの初期画面の「TONE」をタップし「マイプラン」へ進みます。

初期画面の「TONE」をタップし「マイプラン」へ進みます。

その後、速度測定をしてみて、十分な速度(サイト閲覧なら0.5Mbps以上)があるか確認してください。十分な速度が出ていない場合は、デザリングはうまくいきません。


トーンモバイルのデザリングは無制限無料だが、補助手段として

トーンモバイルのデザリングは、中速無制限・追加料金なしは便利だけど、「中速」なのは確か。デザリングは補助手段として使うのがおすすめです!

ノートPCやiPadをスマホとつなぐのがデザリングですので、ビジネス利用が多いはず。ビジネス利用の方は、時間に余裕がないことが多いです。

一方、トーンモバイルは、docomo電波の余裕枠を借りて、格安で提供する仕組みです。逆に言えば、電波に余裕がないときは、速度が落ちたり、不安定になったりします。さらに、電波に余裕がなくなる最大の要因は、サラリーマンの利用。したがって、ビジネスで利用する人ほど、行動パターンから、電波の混雑に巻き込まれるリスクがあります。

そのため、iPadなら自身も電波を取れるセルラーモデルにしておき、トーンモバイルのデザリングは、節約の手段にしておくのがおすすめ。または、トーンモバイルをサブ機とします。

このようにしておくと、デザリングがつながらずイライラすることがなく、上手にパケ代を節約できます。また、デザリング(とくにWi-Fiを使用するタイプ)は、スマホのバッテリーを驚くほど食うので、トーンモバイルをサブ機として持つと、メイン機のバッテリーを温存できます。


どうしてもデザリングがつながらないときは?

まれに、どうやってもデザリングがつながらない時があります。この場合、設定→ネットワークとインターネット→アクセスポイントとデザリングの順で進み、デザリングをいったん解除します。

同時に、ノートPCやiPadでも、Bluetooth(ブルートゥース)やWi-Fiをいったんスイッチオフにします。このように、ノートPCやiPad⇔トーンモバイルの双方から、互いのデザリングをいったん切ってみてください。

これでつながることが多いです。

ただ、まれにノートPCやiPadがお店のWi-Fiに接続しようと試みるなど、解決できない動作に入ってしまうことがあります。この場合、10分程度放置すると、解決していることが多いです。

デザリングは、ノートPCやiPad⇔iPhone(ドコモ正規電波)でつなげても、いつも安定した操作ができる訳ではありません。若干の制限があるということを前提に、うまく利用すると、ストレスなく、パケ代やバッテリーを節約することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました