小中学生 カメラの良さでスマホを選ぶならこの機種。失敗しがちなことは?

子ども向けスマホ.jp
子ども向けスマホ.jp

スマホのカメラが、驚くほど進化していますね。このページでは、カメラ重視の機種が紹介されてますよ。小学生や中学生に、カメラを重視して与えるとき、見落としがちなのが「制限機能」。そこもしっかり、説明されてます。

スマホ、子どもの教育に詳しく、写真も年に数千枚撮影する筆者が、分かりやすく説明。


プロフィール
子ども向けスマホ.jp

カメラでスマホを選ぶなら?

子ども向けスマホ.jp
子ども向けスマホ.jp

カメラでスマホを選ぶなら、やっぱり、まずiPhoneが候補よね?

はい。カメラ性能なら、まずはiPhoneが候補となります。本体自体が高価格・高性能であることに加え、「SONYのセンサー技術」が導入されているのもポイントです。

iPhoneでは、iPhone11(上の写真、2019年9月発売)以降、カメラの性能が大きく進化しています。大きく変わった点は、手ブレ防止機能の変化。結果として、①夜景の撮影、②歩きながらの動画撮影が得意になりました。

ただし、iPhone11、iPhone12は、小中学生に与えるとすれば高価格です。昼間、室内、通常の動画の撮影なら、iPhone10以前の機種でも十分です(仮にiPhone5でも、十分きれいな写真が撮れます)。一般にiPhoneは、中学生にはiPhone8、小学生にはiPhone7が、機能と価格のバランスからおすすめとされています。

アンドロイドならこの機種

iPhoneでなく、アンドロイドなら、以下の機種がおすすめです。小中学生向けの、ミドルレンジのスマホを調査しました。

ミドルレンジ機種カメラ評価
OPPO Reno3 A4.0点
Android One X53.9点
Android One S53.6点
Android One S63.1点
Android One S73.0点
Xperia 83.0点
AQUOS sense4 basic2.9点
Android One S8発売前
(参考)ハイエンド機カメラ評価
OPPO Find X2 Pro.4.9点
Galaxy S20/S20+4.6点
iPhone114.5点
iPhone8(中学生向け)4.1点
iPhone7(小学生向け)3.9点

カメラ機能の基準となるiPhoneは、中学生にはiPhone8、小学生にはiPhone7がちょうど良い、価格と機能のバランスと言われています。すると、小学生・中学生とも、カメラ評価4点前後がほしいところ。アンドロイドなら、OPPO Reno3 AAndroid One X5がふさわしいと言えます。

子ども向けスマホ.jp
子ども向けスマホ.jp

OPPO Reno3 AやAndroid One X5を持っていれば、友だちのiPhoneよりカメラの質が劣ってがっかりするのを、防げるという訳ね。

OPPOは、聞いたことがない方もいると思いますが、近年ぐんぐん評価を上げ、ついに世界第4位のスマホメーカーになりました。若い世代にターゲットを絞ったメーカーで、カメラの品質、自撮り機能の強化、充電の速さが特徴で、スマホマニアの支持も厚いメーカーです。

日本人は、Xperia、AQUOSなど、親しんだブランドを好む傾向があります。OPPOは、知名度の低さを、機能で補う戦略を取っており、明らかにお買い得で、満足度の高いスマホです。


小中学生なら、制限機能が必要

子ども向けスマホ.jp
子ども向けスマホ.jp

カメラだけでスマホを選ぶのは危険。ゲーム、動画、漫画などアプリの制限や、居場所把握機能なども、重視すべきよ。

小・中学生の場合、スマホに制限機能をつけることが必要です。

iPhoneに制限機能

iPhoneに制限機能をつけるなら、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)または、大手キャリア系の格安ブランド(ワイモバイル、UQ)で購入すれば、ある程度の制限が可能です。

また、お下がりやリユースのスマホに、トーンモバイルのSIMカードを差し込むと、さらに制限機能が強化され、利用料も格安のiPhoneになります。

下のページに、わかりやすく説明してあります。

アンドロイドに制限機能

子ども向けスマホ.jp
子ども向けスマホ.jp

カメラを使うなら、気になるのが電池切れ。OPPO Reno3 Aは、電池の容量が大きなうえに、充電も図抜けて速いから、撮り損ねる心配はありませんよ。

アンドロイドなら、OPPO Reno3 AAndroid One X5といった、カメラに定評がある機種に、制限機能をつけるのがおすすめです。大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)でも構いませんが、両機種はワイモバイルでも扱っており、一定の制限機能と、低価格の両立が可能です。

下のページに、わかりやすく説明してあります。


スマホカメラ、コンデジ、ミラーレスの違いとは?

子ども向けスマホ.jp
子ども向けスマホ.jp

子どもにカメラを与えるなら、スマホだと思っていたけど、写真の才能を育てたいなら、コンデジやミラーレスを別に与えるのも候補よね。

はい。スマホのカメラは、あくまでもフルオートで加工技術の進化に頼ったものです。お子さんの写真の才能を磨くなら、コンデジやミラーレスもおすすめです。写真家ということでなくても、現在はメディアの仕事が増えていますので、写真への慣れは、あって損はありません。

参考 コンデジとは、高機能化した最近のコンパクトデジタルカメラのこと。ミラーレスとは、大型で高価な一眼レフよりコンパクトなサイズで、ライトユーザーの人気が高いが、画質はハイレベル。

カメラの決め手はセンサーサイズ

ファイブスターカメラ社

カメラは、画素数でなく、センサーサイズで選ぶのが基本です。スマートフォンは、最新の機種でも①の小さなサイズが基本です。光を十分取り込めないため、加工技術が駆使された写真となります。

子ども向けスマホ.jp
子ども向けスマホ.jp

センサーサイズは、人間でいえば、目の大きさにあたるのよ。目が小さいと、光を取り込めないから、本質的に暗い絵しか見えないの。

コンデジは、価格にもよりますがおもに③~⑥の中サイズとなり、良い写真が撮れます(③は夜間や薄暗い室内には弱さがあります)。ミラーレスは、価格にもよりますがおもに⑤~⑥の大きめのサイズとなり、夕方から夜間にも対応します。なお、一眼レフはおもに⑦の大サイズとなりますが、効果ですし、大型となり持ち運びが大変です。

iPhone11(センサーサイズ①、詳細には1/2.5型)で撮影した写真です。良く撮れていますが、センサーサイズが小さいため、実際の画質自体は標準で、SNSで見栄えするような強めの加工が自動でされています。

人気のある背景ぼかしもできますが、実は2枚(ハンバーガー部分と背景部分)の自動合成です(写真)。ミラーレスに比べると、不自然なぼけ方となってしまいます。

コンデジ(センサーサイズ③、1型)で撮影した写真です。iPhone11(センサーサイズ1/2.5型)に比べ、見たままの自然な画像となり、背景のボケ方も、合成ではないので自然です。

ミラーレス(センサーサイズ⑥、APS-Cサイズ)で撮影した写真です。コンデジ(センサーサイズ1型)と比べてもさらに描写が込め細かく、加工なしでも切れ味が出ています。澄んだ空気感も伝わる、納得のゆく写真となり、ボケ味もしっかり出せます(写真)。

小学生向けのデジカメもありますが、センサーサイズは1/3.1型で小さく、これならスマホのカメラでも構わないでしょう。


小学生・中学生にとって、カメラの持つ教育上の意味は大きい

小学生や中学生にとって、カメラは、好奇心を刺激し、親子で驚きや楽しさを共有する道具。このようなとらえ方が一般的です。

しかし、それだけではありません。カメラを持ち、自然・人間・文化・社会を観察する眼が育つことは、多くの教科(英語・社会・理科・国語・芸術)の基礎となります。さらに、情報社会が進む中、写真の技術が活用できる場は、会社、個人を問わず、爆発的に広がっています。

小中学生にはコンデジがおすすめ

子ども(小中学生)に専用カメラを与えるなら、バランスが良いのはコンデジ(センサーサイズ1型~APS-Cサイズ)でしょう。1型は薄暗い室内、夜間に弱みがありますが、APS-Cサイズなら万能です。コンデジ自体にビギナー向け要素があり、オート機能が優れており、初心者でも良い写真が撮れます。同時に、露出・シャッタースピードの調整もでき、カメラの仕組みに興味を持つ可能性があります。

将来、写真家に育てたいなら、ミラーレスでも良いですが、夜間の撮影は少なく、光量が少ない飲食店を食べ歩くこともないはずで、やや過剰装備かと思います。

なお、コンデジを与える場合、スマホは節約が必要ですので、トーンモバイルなど、格安かつ制限機能がついた機種がおすすめです。

下のページに、わかりやすく説明してあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました