子ども向けスマホ

中学生・高校生のスマホ おすすめ機種ランキング[保護者向け記事]

更新日:

中学生、高校生向けのスマホを安さ重視、かつ品質も大切にして選ぶとしたらおすすめは? 教育業界約20年の筆者が、中学生・高校生の安全と学力向上も重視しつつ選びました。

※この記事は、スマホ販売業者でなく、教育関係者が執筆しています。

小学生、幼稚園・保育園児向けは、下の記事をご覧ください。
どれが一番安い?子供と小学生のためのキッズスマホランキング

【結論】中学生・高校生のスマホ おすすめ機種ランキング

格安スマホ ドコモの学割 au ソフトバンク
月額費用 2842円 5262円 4620円 6260円
機種 TONEm17 iPhone8 ミライエf シンプルスマホ3
見守り機能 × ×
  • 中学生・高校生は、音声電話の使用が少ないため、電話(発信)は別途料金のプランで計算。データ通信は、中学生・高校生に適した4GBのプランで計算してあります。
  • 見守り機能(居場所管理、ゲームやLINEの使用時間の管理)を求める場合、TONEかau(ミライエ)のほぼ2択となります。

※ドコモの学割280円にはカラクリがあります→ドコモ学割プラン……本当に月額負担は安くなるのか 

ランキング

  • 1位 TONEm17 月額2842円(税別)
  • 2位 イオンスマホ 月額3930円(税別)
  • 3位 ワイモバイル 月額4258円(税別)
  • 4位 auのミライエf(フォルテ) 月額4620円(税別)
  • 5位 ドコモの学割(iPhone8) 月額5262円(税別)
  • 参考 ソフトバンクのシンプルスマホ3 月額6260円(税別)

スマホ選びで子どもの将来が決まる!

わが子の将来が決まる決定的なポイントは、就職活動の成否です。

現在、大卒への求人倍率が5年前に比べ0.5ポイント上がり、大学生のなかに楽観ムードが流れています。しかし、10年前に比べれば0.56ポイントも低く、好況期の2.86倍と比較すれば見る影もありません。また、求人倍率1.78倍と言っても、みなが納得できる優良企業はごく一部。周知のように、ブラック企業の比率が増えてきています。

成否を分けるのは学歴や基礎学力であり、中学生・高校生の6年間の過ごし方は、決定的な意味を持ちます。

  • スマホ漬けの中高生 … ゲーム、まんが、動画、LINE、低品質なまとめサイト・掲示板で1日の大半が終わる。
  • 伸びる中高生 … スマホでは、品質の高い記事の活用が多い。同時に、スマホと距離を置く習慣があり、勉強時間を確保できる。

スマホに役立つコンテンツがゼロという訳ではありませんが、ある程度強制的な力を働かせなければ、中学生・高校生は、ゲーム、まんが、動画ばかり使う結果になります。考え方のポイントは、スマホを使う時間は、なるべく文字情報に目を向けさせ、映像系(ゲーム、まんが、動画)を制限することです。

電車のなかで高校生を観察すると、やや語弊がありますが、次のような傾向があります。

  • 難易度が低い高校の生徒は、映像系(ゲーム、まんが、動画)にほとんどの時間を費やしている。
  • 難易度の高い高校の生徒は、スマホの文字情報を活用したり、定期試験や受験に備え参考書などを見ている。

大手キャリアの学割プランは本当に安くて安全?

ドコモをはじめ、大手キャリア各社から、格安スマホを意識した学割プランが発売されています。しかし、料金体系にからくりがあります。

ドコモのプランの変遷 音声通話 データ通信容量 機種代
従来のプラン かけ放題 5~7GB サポートが手厚く、機種代の負担はかなり軽減。
過渡期のプラン(カケホーダイライトなど) 5分以内かけ放題 最安値は2GBのプラン サポートが手厚く、機種代の負担はかなり軽減。
現在の学割プラン なし(完全別途) なし(親からシェア) サポートなし

ドコモの学割を例にとりました。大手キャリアがこだわっていたかけ放題はなく、電話の無料分はゼロ。家族以外、1分40円かかります。データ通信容量もなし。親からシェアしてもらう前提ですが、親は1GBあたり標準950円支払いますので、中高生に標準的な4GBの場合、親は3800円の支出となります。また、機種代サポートもなく、機種代を24分割した金額が、毎月加算されます。

ドコモの学割の詳細:ドコモ学割プランの条件は何歳から? 本当に月額負担は安くなるのか

中学生・高校生に適したスマホのプランは?

中学生の1日の通話時間

文科省によると、中学生は上のグラフのように、スマホで通話することはほとんどありません。高校生は、通話時間が多少増えますが、同じ傾向です(統計:文科省2016年)。通話は別途料金のプランでも構いません。

中高生のネット閲覧時間(1日)

ネット閲覧時間は、小学生と中高生で大きな差があります(統計:ベネッセ2014年)。

  • 小学生:ネット閲覧時間は、1日30分以内が9割。
  • 中高生:平均で約2時間(中学生1時間52分、高校生2時間3分)

この傾向を考えると、中高生には、月間のデータ通信容量が4GBのプランがふさわしいといえます。4GBなら、Wi-Fiでない環境で、通常のサイトやゲームのほか、動画を1日あたり8分程度(音楽2曲程度)は見ることができる計算です。

中学生・高校生に適したスマホのプラン

内容 適切なプラン
通話 別途料金のプラン
データ通信(インターネット) 4GB/月

(参考)大学生以上のデータ通信量

  • 家にいる時間(Wi-Fi利用)が長い人 … 5GB程度
  • 家にほとんどいない大学生や社会人 … 7GB程度

※前述のように、中学生・高校生にとって、スマホが弊害となるのは主に映像系、メリットとなるのは主に文字情報系です。そのため、映像系の利用をしにくいように、高速通信を許可しないスマホを選んだり、データ通信の契約を1GB程度にしておく手段もあります。

中学生・高校生に適したスマホの機能は?

 

中学生は、上のグラフの様にスマホを自室で利用することが増えてきます。高校生になると、その時間はさらに増加します。

  • 中高生 … 1日に平均2時間もスマホを使い、その半分は自室。親の目が届く場所で使うことは少ない。

中高生が利用するコンテンツには、以下のようなものがあります。

評価 コンテンツ メリット デメリット
電子書籍 知識が身につき、考え方の参考になる。 特になし。
文字情報サイト ニュースサイト、はてなブックマークなど、有益なものが多い。文字情報メインなら、ハマりにくい。 芸能界の噂話、2チャンネルまとめなど、Googleが低品質と呼ぶコンテンツも多い。
まんが 生き方、考え方の参考になることも多い。課金が基本で、自己負担とすれば抑制がかかる。 ジャンルによる、品質の差が激しい。
動画(YouTube、音楽) YouTubeは、Googleの掲載基準があり、比較的害のないものが多い。 ネット上には、アダルト向けの動画もあり、中高生なら検索できてしまう。
LINE 交友関係が深まり無駄な音声通話を減らせる。 既読無視しないよう、何度も画面を確認する。グループトークは、いじめの温床になりやすい。
× ゲーム メリットはほとんどない。 安価で長くひまつぶしができることが、ゲームの根本理念。勉強時間は激減。

スマホによって、これらのコンテンツを制限することができるもの、できないものがあります。中高生には、大人向けのスマホを与える家庭も目立ちますが、高校生のスマホ利用は1日に2時間、月に60時間にも及びます。

  • 学力が高い中高生:文字情報系のネットサイトの利用が多く、まんがを息抜きにし、ゲームは少な目。
  • 学力が低い中高生:ゲーム、まんが、動画、LINEの閲覧で、1日2時間を費やしている。

もし、お子さんの学力向上や人生の成功を考えるなら、中学生・高校生であってもスマホの利用制限をすべきだと考えます。

ウィキペディアばかり見ていた高校生

筆者は、予備校講師の経験があります。ある高校生は、在籍高校こそ平凡でしたが、スマホでずっとウィキペディアを見ていました。結果として、東大理系に合格。数学が得意でしたが、国語で点数を稼いだ点が大きかったです。

中高生向けスマホ1位 TONEm17 月額2842円(税別)

写真右:TONEの新機種m17(左は旧機種)

中高生向けスマホランキング1位は、TONE(トーン)モバイルです。TONEは、ツタヤの一部店舗を相談窓口とする、携帯電話会社です。

TONEスマホの料金計算(税別)

TONEの、月額料金は、月額3050円(税別)です。電話は、10分以内かけ放題です(通話代別途のプランも可能ですが、月に合計利用時間が12分を超えると、かけ放題が安くなります)。

TONEモバイルのメリット

  • テレビCM、専売店維持費用、販売店への報奨金をカットし、安い料金体系を実現している。
  • ネットは中速無制限(追加費用なし)。中速は、文字情報と写真からなるサイトの閲覧は高速で可能。動画は見られないため、中高生向け。
  • アプリ(ゲーム)は、親が個別に使用許可し、使用時間も個別に設定可能。

TONEモバイルの大きなメリットの1つは、インターネット閲覧で、追加料金が発生しないこと。月末に、親子ともやきもきする必要がなくなる機種です。

TONEのネット閲覧は、ドコモ回線を利用しますが、中速の回線となります。ネット上には、様々な憶測の記事がありますが、実際に首都圏・静岡県等で、2017年秋に発売されたm17の機種でテストした結果、以下のようになりました。

  • 文字サイトの閲覧は、全く問題なし。ただし、通勤時間帯など、多少速度が落ちることあり。おおむね、9割以上の使用機会で、ドコモ正規回線なみの快適さ。
  • 旧機種のm15は、写真が多いサイトで画像の読み込みに時間がかかることがあったが、m17で完全に改善された。
  • 地下鉄、新幹線、高速道路での使用も、全く問題なし。

TONEモバイルのもう1つの大きなメリットが、アプリの利用を個別に管理できることです。例えば以下のような制限が可能です。

  • LINE … 使用時間帯を16時から19時に制限。授業中や、集団いじめやトラブルが起きやすい夜間は、非許可とする。
  • ユーチューブ … 1日の総使用時間を30分とする。
  • パズル系のゲーム … 許可しない(許可すると1日1時間程度が費やされることがあります)。
  • ニュースサイトなど役立つもの … 無制限で許可する。

TONEモバイルのデメリット

TONEモバイルのデメリット

  • 中速無制限は、動画の閲覧は困難。
  • デザインが1つ、色はホワイトのみ。

TONEモバイルは、ネット利用が無制限、追加料金なしであることが魅力ですが、速度が、中速であるため、動画の閲覧は難しくなります。Wi-Fi環境以外で動画を閲覧したい場合、1GB300円の高速チケットが必要です。しかし、1GBのチケットは大手キャリアは1000円取るのが普通ですし、300円を自己負担にすることで、動画閲覧が抑制できます。

また、TONEモバイルのデザインは1種類、色もホワイトのみです。しかしこれは、多機種、複数カラーの展開で、製造費や在庫管理の費用が上がり、料金に反映することを防ぐ狙いがあります。TONEモバイルの白色は、汚れがつきにくく、年齢性別を問わずおしゃれに感じられ、飽きが来ないものです。新製品のm17は、金属色のフレームがつき、大きすぎたサイズが適切に変更されました。

TONEの公式サイト



関連記事

中高生向け2位 イオンスマホ 月額3930円(税別)

イオンのスマホは、修理・相談等で、全国のイオン店舗を利用できるのが強みです。機種を選ぶ手間がありますが、現在ならメーカーの信頼度が高く、口コミ評価も高い、富士通のarrows M03(写真:公式サイト)が良いでしょう。4GB契約の料金を紹介します。

富士通のarrows M03の料金計算(税別)

  • 機種代(24分割) 1450円/月
  • 4GBデータプラン 980円/月
  • 通話代(かけ放題) 1500円/月

  月額合計3930円

イオンスマホのメリット

  • データ通信容量が格安。
  • 電話は時間無制限のかけ放題。
  • IIJmio(みおふぉん)の通信網を利用。

イオンスマホの最大のメリットは、データ通信料(インターネット使用料)が格安であることです。中高生向けの4GBプランは980円と割安ですが、使い過ぎてしまった場合の追加費用も割安です。

1GBのデータ通信量の追加費用

  • 大手キャリア 1000円/1GB
  • イオンスマホ 500円/1GB
  • TONE 300円/1G

TONEは別格としても、大手キャリアの半額程度は魅力です。1GB500円は、中高生が自己負担できる範囲です。自己負担の約束をすれば、使い過ぎの抑制にもなります。

なお、ネット上ではイオンスマホのネット通信は遅く、低品質だとの評価があります。これは、日本通信の電波網を使用していた頃の評価であり、現在はIIJmio(みおふぉん)通信網に変更されているため、通信速度は改善済みです。

イオンスマホのデメリット

  • ゲーム、LINEなどの制限機能がない。
  • iPhoneが選択できない。
  • 機種の選択肢が多すぎる。

ワイモバイルのスマホは、子ども専用機でないため、管理アプリのスマモリ(月額390円)を導入する必要があります。

出典:google play

スマモリは、子ども専用機能を持たない携帯メーカーが、子ども用に販売する際に、よく推されるアプリです。しかし、口コミの点数はかなり低めで、使ってみないと機種との相性が分からないのが実情です。現状では制限機能に期待できず、次のような対処法となります。

  • まじめで勉強の習慣がある中高生 … 制限機能がなくても問題はない。
  • 一般的な中高生 … ゲーム、まんが、動画、LINEのうち1つか全てにのめり込む可能性が高く、管理機能が欲しい。ただし、夜間スマホを預かるなら多少は緩和。

イオンスマホは、費用などワイモバイルに近く、比較対象となります。ワイモバイルとの大きな違いは、iPhoneが選べないこと。多種多様なandroidの機種から選ぶこととなり、イオンの店員のアドバイスを頼ることになってしまいます。自分で選ぶなら、ポイントは、税抜3万円以上の機種から選ぶこと。もしブランドを絞るなら、arrowsかHUAWEIの評価が高めです。

イオンスマホが【5分】でわかる記事~口コミ・料金・費用~

中高生向けスマホ3位 ワイモバイル 月額4258円(税別)

ワイモバイルは、ヤフーの格安スマホです。ワイモバイルのスマホは、機種選択式で、時期により機種が変わります。

現在なら、ワイモバイル側も推している、iPhoneSEを選ぶと良いでしょう(写真は公式サイト)。iPhoneSEは、iPhone 5sとiPhone 6sの中間的位置づけの普及機ですが、基本性能はとっくに完成しています。友人の機種と比較することが多い中学生、高校生でも、世界最高の機種ですので、見劣ることは全くありません。

iPhone SEの料金計算(税別)


  月額合計4258円(1・2年目平均)

※データ通信量は、1年間のみ6GB。3年目以降は3GB。通話は1通話10分以内ならかけ放題。3年目以降は、機種代の支払い終了で540円安くなりますが、4GBを維持するためには、1GBあたり1000円の追加費用がかかります。

※月に4GB(中高生の標準)使用する場合の、詳細な料金は以下の様になります。

  • 1年目 … 3758円
  • 2年目 … 4758円
  • 3年目以降 … 5218円

ワイモバイルのメリット

  • iPhoneが選択肢に入る。
  • ソフトバンク通信網を利用した高速通信。
  • 電話は1通話10分以内ならかけ放題。

ワイモバイルのメリットは、iPhoneが選択肢に入ることです。iPhoneは言わずと知れた世界最高峰のスマートフォンで、説明書要らずの操作性とステータスは、中高生に不満を与える可能性が、ほぼゼロと言えます。

中高生の1日の通話時間は、現在総合計10分以内が8割ほどを占めます。ワイモバイルの、1通話10分以内かけ放題は必要十分であり、10分以内の制限も長電話の抑制となります。

ワイモバイルのデメリット

  • ゲーム、LINEなどの制限機能がない。
  • 1年目は安いが、2年目、3年目で値上げがある。

ワイモバイルのスマホは、子ども専用機でないため、管理アプリのスマモリ(月額390円)等を導入する必要があります。

スマモリ

前回調査時

今回調査(2017年9月9日)

出典:google play

スマモリは、子ども専用機能を持たない携帯メーカーが、子ども用に販売する際に、よく推されるアプリです。しかしながら、口コミの点数は、調べるたびに落ちているのが実情。結局、ゲームなどのアプリの利用は、子ども任せとなるため、次のような目安となります。

  • まじめで勉強の習慣がある中高生 … 制限機能がなくても問題はない。
  • 一般的な中高生 … ゲーム、まんが、動画、LINEにのめり込む可能性が高く、管理機能が欲しい。ただし、夜間スマホを預かるなら大丈夫。

なお、保護者が理系で、子どもに最先端の情報機器を触らせたいという場合、iPhoneの選択肢は大きな魅力です。

※居場所把握については、評価の高いアプリである「どこいるの」を使うことができます。

※ワイモバイルは、1年目及び2年目のユーザーに、料金・データ通信容量の両面で、大きな優遇措置があります。各年度ごとにいくら払うのかを把握したうえで、他社と比較する必要があります。

 

 中高生向けスマ4位 auのミライエf(フォルテ) 月額4620円

保護者がauのユーザーの場合、まず選択肢にあがるのが、auの子ども向けスマホミライエです(写真は公式サイト)。子ども向けという区分ですが、デザインや基本性能は、中高生にも十分対応します。

  • 初期版のミライエは、先行していたドコモのスマートフォンジュニアを研究し、最先端の制限機能を備えました。
  • 2017年1月に、改良版のミライエf(フォルテ)が発売されました。ドコモが子ども向け専用機の開発を中止しているため、大手キャリア唯一の子ども向け機種です。

auミライエf(フォルテ)の料金計算(税別)

auは、最安値のジュニアスマートフォンプランで計算し、2GBのデータ通信料を加算すると、5620円(3620+2000)になります。親がauなら、家族割が適用され、1000円引きとなります。


  月額合計4620円(参考)

auミライエのメリット

  • TONEモバイルと競り合う、業界では図抜けた管理機能。管理機能で選ぶなら、auモバイルかTONEの2択と言える状況。

auミライエの最大のメリットは、管理機能の充実です。個々のアプリ(ゲーム、LINE、ニュースサイトなど)個別に、時間制限をかけられないのは残念ですが、別料金でセコムとの契約ができる点がメリットです。

あまり出番は多くないかも知れませんが、例えば街中で怪しい人に後をつけられている、あるいは急に気分が悪くなったというようなとき、緊急ブザーを押すとセコムのスタッフが駆けつけます。

ミライエf(エフ) TONE
ゲームの利用と管理 ゲーム1つ1つの使用許可を親が決定できる。 ゲーム1つ1つの使用許可を親が決定できる。さらにゲームごとに、利用可能時間帯・総利用時間を親が設定できる。
LINEの利用と管理 利用の可否を親が決定できる。 利用の可否と、利用可能時間帯・総利用時間を親が設定できる。
音声通話 1分40円(または1回5分以内かけ放題プラン) 1回10分以内かけ放題(または1分20円)
現在地把握 保護者のスマホから可能(有料) 保護者のスマホ・PCから可能(ファミリーオプション200円に含む)。職場のPC等もログインして利用可。
防犯ブザー(女子向け) あり。ブザー利用時に、自動でカメラを起動し、写真と位置を保護者にメール。 なし
インターネットへのアクセス制限 有害サイトのブロック機能(無料) 有害サイトのブロック機能。全国の公教育と同じ「ALSI」のシステムを利用(100円/月)。
歩きスマホ対策 警告画面が出て、一時的に操作できない。 警告画面が出て、一時的に操作できない。親のメールにも通報。
利用可能時間帯・総利用時間管理 利用可能時間帯・総利用時間管理を設定可能。 利用可能時間帯・総利用時間管理を、アプリごとに設定可能。
その他 防犯ブザーは、セコムへの連絡も可能(有料)。 スマホが壊されない限り、現在の居場所だけでなく、当日の行動経路も確認可能。

auミライエのデメリット

  • 新機種ミライエf(フォルテ)のデザインは、中学生までなら十分対応しますが、高校生は子供っぽい印象を持つかも知れません。

au子供向けスマホ ミライエfの評価〜料金・制限機能〜

中高生向けスマホ5位 iPhone8(ドコモ契約)月額5262円(税別)

ドコモが、シニア向けに発売しているのがらくらくスマートフォン4です。中高生向けに転用は可能ですが、ソフトバンクのシンプルスマホ3と比べると、全体のデザインにやぼったさがあり、中高生には合わないかも知れません。

ここでは、中高生に不満が出にくいiPhoneを例に取ります。ドコモでは、普及機のiPhoneSE(iPhone 5sとiPhone 6sの中間的位置づけ)よりもiPhone7の方が安くなっているため、iPhone7で計算しました。

iPhone8(ドコモ契約)の料金計算(税別)

ドコモの学割基本料金(1年目) ドコモの学割基本料金(2年目以降) 機種代 親が負担するデータ通信費(1GBあたり950円) 1年目実質負担額 2年目実質負担額 3年目以降実質負担額
中高生(音声通話なし、通信4GB) 280円 1780円 432円(iPhone 7) 3800円 4512円 6012円 5580円

  月額合計5262円(1・2年目平均)

中高生向けスマホ5位 ソフトバンクのシンプルスマホ3 月額6260円(税別)

ソフトバンクが、シニア向けに発売しているのがシンプルスマホです。現在の機種は第3弾です。子どもとシニアは、求める操作感や機能が似ていることもあり、ソフトバンクのショップでも、子ども向けにシンプルスマホをすすめることがあります。

中高生の場合は、大人向けの機種でも操作できますので、以下の目的の場合に、シンプルスマホを検討します。

  • スマホが初めてとなり、簡単な操作感を求める場合。
  • 緊急ブザーを目的に選ぶ場合。

中高生でも、女子の場合、緊急ブザーがあれば安心できます。シンプルスマホの緊急ブザーは、押してから10秒経過すると、登録した電話番号に自動コールし、現在地をメールで通知することができます。緊急ブザーの機能を持つスマホは、ドコモが子ども向け専用機の開発を中止したため、現在ではシンプルスマホかauミライエの二者択一となります。

シンプルスマホ3の料金計算(税別)


  月額合計6260円

※スマホデビュー割で計算してあります。

【まとめ】中学生・高校生のスマホ おすすめ機種ランキング

  • 1位 TONEm17 月額2842円(税別)
  • 2位 イオンスマホ 月額3930円(税別)
  • 3位 ワイモバイル 月額4258円(税別)
  • 4位 auのミライエf(フォルテ) 月額4620円(税別)
  • 5位 ドコモの学割(iPhone8) 月額5262円(税別)
  • 参考 ソフトバンクのシンプルスマホ3 月額6260円(税別)

1 中高生のスマホは、ゲーム・LINEの時間を管理できることが最優先

中学生、高校生は、将来に向けて、もっとも学力がつく時期です。高校受験期には、その子の一生の学ぶスタイルが決まります。そして、高校での学習の深さは、将来のキャリアの差に大きく影響します。

子どもたちは、友達の単位で行動しますので、周りの影響を強く受けます。筆者の学習塾講師時代の経験から、学力がつき就職に成功した人と、現在フリーターなどで苦労している人の中学・高校時代は、以下のような差があります。

フリーターなどで苦労している人 学力がつき就職に成功した人
ゲーム パズル系はじめ、時間を大量に消費するゲームに熱中します。 ゲームに費やす時間は限られています。保護者が規制している場合と、本人が自覚している場合があります。
LINE 常にLINEはON。勉強中を含め、再三画面を見ます。

グループトークで、いじめやトラブルに巻き込まれることがあります。

勉強中はLINEをOFFにしています。

夜は親に使わせてもらえないなど、適当な理由をつけ、返信の頻度を調整している傾向があります。

ネット閲覧  

掲示板のまとめサイトなど、質が低いメディアをサーフィンする傾向。

動画を、おすすめをもとに連続再生する傾向。

ウィキペディア、ニュースサイトなど、比較的質の高いメディアを見る傾向があります。

勉強関係の調べものに、ネットを使用する傾向があります。

スマホ依存 起床後から、就寝直前まで、学校の授業中を除き、スマホのスイッチを切ることはありません。 塾ではスイッチを切る、友人同士の会話ではスマホを使わないなど、ルールを決めて行動しています。
電車内の行動 定期試験前も、通学の電車内では、ゲームやLINEなどに時間を取られています。 定期試験前は、通学・下校時も、勉強する生徒が大半です。

このような日々の過ごし方の差は、将来に大きな差を生みます。

ある日、マクドナルドで中学生の4人組に出会ったことがあります。彼らは、トランプ大統領関連の話で一通り盛り上がったあと、通信タイプのポーカーを始めました。1人前に、駆け引きをしているのが、面白いところです。

中高生の将来は、保護者がスマホをどう使わせるかが非常に重要となります。この点では、アプリごとに使用の可否と使用時間をコントロールできるTONE、アプリごとの使用の可否をコントロールできるミライエf(フォルテ)に強みがあります。

TONEは、使用するアプリを保護者が助言して選ぶことができます。auミライエf(フォルテ)も同様です。

2 女子を犯罪から守り、男子の夜遊びに対策する

中学生、高校生にスマホを持たせるときに、ぜひ活用を考えたいのが現在地の把握機能です。夜の居場所が心配なとき、行方がつかめないときに活用できます。

スマホごとの対応状況は、以下の通りです。

  • TONEm17 … ◎標準装備(精度検証記事
  • ワイモバイル … ◯アプリ「どこいるの」を導入
  • イオンスマホ … ◯アプリ「どこいるの」を導入
  • ソフトバンクのシンプルスマホ3 … ◎標準装備
  • auのミライエf(フォルテ) … ◎標準装備
  • ドコモのらくらくスマートフォン4 … ◎標準装備

居場所に加え、ゲームの使用時間等を総合的に管理するアプリスマモリの評価は、かなり低めですが、居場所の把握に特化したアプリ「どこいるの」の評価は、問題がありません。

ドコイルノ

出典:google play

防犯ブザーに関しては、以下の通りです。

  • TONEm17 … なし
  • ワイモバイル … なし
  • イオンスマホ … なし
  • ソフトバンクのシンプルスマホ3 … ◎標準装備
  • auのミライエf(フォルテ) … ◎標準装備
  • ドコモのらくらくスマートフォン4 … ◎標準装備

3 スマホが中心にならない生活を親が指導する

画像:海外で話題となった、スマホの使用に適切な注文をつける母親

中高生は、親が正しく関与しない限り、スマホが中心の生活になってしまいがちです。

評価 コンテンツ メリット デメリット
読書(電子書籍) 生き方、考え方の参考になることがある。 特になし。
ネットサイト ニュースサイト、はてなブックマークなど、有益なものも多い。活字メインで、ハマりにくい。 芸能ニュース、2チャンネルまとめなど、娯楽に過ぎないものも多い。
まんが ジャンルによっては、生き方、考え方の参考になることがある。 1話ごと課金が基本で抑制があるが、ある程度時間はかかる。
動画(YouTube、音楽) 比較的害のないものが多い。 おすすめが提示され、連続再生し時間を消費しやすい。
LINE 交友関係が深まり無駄な音声通話を減らせる。 「既読無視」しないよう、何度も画面を確認する。いじめの温床になりやすい。
× ゲーム メリットはほとんどない。 安価に時間を大量に費やすことができる仕組みが基本となり、勉強時間は激減。

電子書籍やテキスト中心のネットサイトにはメリットも多く、弊害も少ないですが、ゲーム、LINE、動画は、非常に時間を食う傾向があります。

どんなに賢い子どもでも、中高生の段階では、保護者の助言がなければ、ゲーム、LINE、動画に傾いてしまいます。それを抑制し、電子書籍やネットサイト(テキストサイト)の閲覧や勉強時間に子どもを導くことができるのは、学校の先生でも塾の講師でもありません。

スマートフォンの使用は、プライベートな領域に属するため、本当に助言できるのは、保護者ただ1人なのです。

(参考)TONE、ワイモバイルのサイト

TONEの公式サイト



ワイモバイルの公式サイト



(参考)スマホ購入時ローンを断られることも

スマホ購入時、ドコモ、auでは、独自のローンが利用できますが、支払い遅れがあると、クレジットカードしか利用できなくなります。その他のスマホ会社は、原則クレジットカード払いです。

仕事や収入に関係なく、楽天カードは、審査が通りやすい傾向が強いです(勤め先がない人や独立事業者でも、多少の収入さえあれば、審査通過は十分可能)。ネット完結、収入証明書不要、審査も最短数秒で済みま。自宅配達時に、身分証明書(免許証または写真つきマイナンバーカード)のみ必要です。

サイト:楽天カード

-子ども向けスマホ

Copyright© 子ども向けスマホ.jp , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.