【高校生スマホ】利用制限ができる、安いおすすめの機種3つ!


うちの子はもう高校生だから、スマホは与えるしかないけど、1日何時間ゲームや動画に費やすのか、心配。大学受験も控えているのに……。

元大学受験予備校講師の筆者が、高校生がのめり込まない、勉強と両立できるスマホ選びをわかりやすく説明します。


若年層キャリアを専門とし、ITにも詳しい筆者が、自分の教え子の高校生に与えるなら、次に挙げる3機種です(順不同)。スマホは、記事執筆時5台持ちです。

※iPhoneも当然おすすめですが、機種代が約9万円(iPhone12)の高額で、長時間のめり込みやすい操作感のため、ここではAndroidをメインに検討しました。
※月のデータ容量は、勉強との両立ができている高校生の目安となる4GBで計算しました。

  1. OPPO A73 … 機種代21,780円ですが、3Dゲームも動く(※高負荷3Dゲーム『黒い砂漠』で実験)ハイコスパ端末。今後iPhoneの牙城を崩すなら、ズバリOPPOです。級友に「スマホ通」を自慢できます。イオンモバイルがお得です。機種代、電話代込みで月3883円。
  2. AQUOS sense4 … 機種代38,280円。操作性やゲームに影響大きい半導体チップは、高級品並みのSnapdragon720G! イオンモバイルがお得です。全込みで月3883円。
  3. トーンモバイルe21 … 機種代19,800円かつ利用料が格安。全込みで月2381円で済む子ども・若者専門のメーカー。サイト閲覧・SNSなら無制限。トーンモバイル

受験を控えた高校生にとっては、適度な制限も重要です。トーンモバイルは、トップクラスの制限機能を持っており、イオンモバイルも独自の制限機能を完成させています(画像)。

ahamo(アハモ)、povo(ポヴォ)、LINEMO(ラインモ)は、機種代などが加算され、実際の支払額は、月に4500円~5000円となります。

子ども向けスマホ.jp

高校生に人気のあるスマホの機種は?

高校生に人気があるのはiPhoneだけど、最近は変わってきたみたいよ。

はい。中高生は、約22%がandroidアンドロイド、約74%がiPhoneを利用しており、iPhoneに人気があります(MMD研究所、2018年)。しかし、新メーカーの追い上げが凄まじく、iPhoneの覇権は終わりが近づいています。

iPhoneは、主流のiPhone12で、本体価格が9万円

iPhone12の機種代は、9万円以上! そこまで出さなくても、よい機種がそろってきてるのよね……。

はい。近年はandroidスマホの伸びがすさまじく、iPhoneの3分の1の3万円前後で、サクサクと、ストレスなく操作できる機種が手に入ります。

あと、iPhoneのスムーズな操作性じゃうれしいんだけど、逆に何時間ものめりこんでしまうから、心配!

はい。そこが重要です。iPhoneのヌルヌルと言われるスムーズな操作性は、没入感を深め、高校生の時間を、3時間、4時間、5時間と奪ってしまいます。大学受験で失敗してしまっては、一生厳しい生活を余儀なくされる可能性もあります。

高校生に渡したいスマホは、サクサク感があるスマホです。

  • 小学生 サクサク感は不要。初めてのスマホのため、じっくりと操作するからです。
  • 中高生 サクサク感は必要。スマホに慣れており、余りに遅いとイライラしてしまうからです。しかし、没入を誘うヌルヌル感は不要。間近に受験を控えているからです。

※ヌルヌル感 カクカクの対義語で、カクカクせず連続的にスムーズに操作できること。大人でもスマホ中毒が問題になっています。

まだまだ人気のiPhoneは、友だちの機種が気になる高校生が人気を支えていますが、現在、スマホ通の若者(=大学生など、予算が少ないが、カッコよくスペックも求める傾向)ならOPPOオッポを指名するようになっています。

オッポ(OPPO)は、若者向けデザインで、図抜けたお買い得度

OPPO A73

デザインとコスパで選ぶなら、断然オッポ(OPPO)ね。まだなじみがないメーカーだけど、指原莉乃さんをCMに起用し、グングン浸透してるのよ!

はい。スマホ通がこぞって推し、口コミ評価でも高得点を連発。若者向けに作られたスマホで、カメラや高度な3Dゲームへの対応も進んでいます。値段が安いにも関わらず、サクサクと動き、高校生が持って、全く不満はないはずです。

オッポ(OPPO)の主力機種

機種名説明端末価格カラー半導体チップ
(数値=性能)
記憶容量
OPPO Reno3 A
仕様書
基本的な操作のスムーズ感はもちろん、カメラ、音質、記憶容量ストレージにもこだわったOPPOの主力機種です。39,380円白・黒Snapdragon 665128GB
OPPO A73
仕様書
Reno3 Aから、カメラ性能、記憶容量ストレージ、音質、防水・防塵機能を引き算した格安機。しかし半導体チップは同等で、この価格で先端3Dゲームにも対応します。
(※高負荷3Dゲーム『黒い砂漠』で実験)
21,780円こん・オレンジSnapdragon 66264GB
参考
AQUOS sense4
基本性能はOPPO A73を上回るほどですが、横幅が大きく、ボヤっとしたカラー(写真)は、若者向けとしては、やや野暮ったい印象です。38,280円オレンジ・シルバー・黒Snapdragon 720G64GB

OPPO Reno3 A、OPPO A73は、高校生にふさわしい月4GBの容量なら、イオンモバイルが安くなります。機種代、電話代(10分間)込みで月3883円です(容量をいつでも1GB刻みで増減できるのも、イオンモバイルの特徴)。イオンモバイルは、docomo電波を選んだ方が、断然つながります。

もしCMでよく見る会社の方が信頼感があるなら、ワイモバイルがおすすめです(ワイモバイルは、家族割の割引額が大きめ。UQは一人暮らしでないとやや損になります)。

AQUOS sense4は、ミドルレンジスマホの新定番

androidは、ソニー(Xperia)、シャープ(AQUOS)、サムスン(galaxy)が人気だけど、4万円前後のミドルレンジに力を入れているのは、断然シャープのAQUOS senseシリーズなのよ。

はい。シャープのAQUOS sense4は、特に安心できる機種で、IT関係者の購入も見られる新定番です。Xperia、galaxyは、ミドルレンジは、ハズレ機種が多いのが実情です(お近くのスマホ通に聞いていただければ、すぐ分かります)。

AQUOS sense4は、高校生にふさわしい月4GBの容量なら、イオンモバイルが安くなります。機種代、電話代(10分間)込みで月3883円です(容量をいつでも1GB刻みで増減できるのも、イオンモバイルの特徴)。なお、イオンモバイルは、docomo電波を選んだ方が、断然つながります。

もしCMでよく見る会社の方が信頼感があるなら、ワイモバイルがおすすめです(ワイモバイルは、家族割の割引額が大きめ。UQは一人暮らしでないとやや損になります)。

トーンモバイルなら、全込み月2381円で制限機能が充実!

トーンモバイルは、月2381円の低料金もすごいけど、制限機能が断トツで優れてるのよ。

はい。トーンモバイルは、アプリごとに時間制限が可能です。ほとんどスマホでは、曜日別の利用時間帯の制限にとどまっています。勉強時間となる夜間は、「調べもの用にGoogle検索は使えるが、LINEやSNSは使用禁止」といった設定も可能です。

概要(料金表月額料金
基本プラン1100円
電話代(10分間)373円
機種代(2年間で分割)908円
月額合計2381円
(3年目以降の月額)(1473円)

データ利用は、SNSやサイト閲覧に特化した中速無制限です。動画は、Wi-Fiまたは高速チケットを利用します。実際に使ってみれば、中速(0.5~0.6Mbps)は、サイト閲覧やSNS使用は問題がありません(実際に、全国各地で測定済み。記事後半にデータ掲載)。

※安心オプションは月500円です。もし3年後にスマホが壊れた場合、3年分の保証料18000円に端末交換手数料を足すと23000円。端末価格(19800円)とより高くなります。壊さなければ全てかけ捨てになります。心配な場合、月500円ずつ貯金箱に貯金しておくと、安心です(壊れなかった場合、3年後に18000円のおこづかいになります)。

ヒント トーンモバイルは、未成年の契約は、必ず親権者名義となります。


受験を控えた高校生に適したスマホのプランは「通話10分、月4GB」

現在、高校生のスマホ所有率は、95.9%(内閣府の調査|画像リンク)。そして気になる1日の平均利用時間は、男子で5.4時間、女子では6.1時間にもなりますデジタルアーツ)。利用しているのは、LINE、動画、ゲーム、SNSです。 

2021年から新入試になって、推薦でもテストがあるって聞いたわ。部活もあるのに、1日6時間もスマホにかけたら、心配……。

はい、心配ですね。ただ、スマホには逆の可能性もあります。1つは、スタディサプリを代表格とする動画授業です。

なるほどね……。高校生のうちの子のスマホプランは、どれがいいのかしら?

はい。高校生は、スマホで通話することはほとんどありません(文科省2016年調査 画像)。家族間でのLINE電話を使用し、通話は、塾や各種問い合わせなど月10分間程度とみておけば良いでしょう(なるべく使わないように教えておくのが基本です)。

また、高校生のスマホ利用状況や勉強時間から考えると、月間のデータ通信容量が4GBのプランがふさわしいです。4GBなら、Wi-Fiのない環境で、1日あたり、サイト閲覧やLINEのやりとりで1時間、ゲームで30分程度、動画を30分程度は利用できる計算です。

(参考)利用時間の目安は、1GB=動画3時間、1GB=ゲーム300時間、1GB=文字や写真のサイト3000ページ。統計:auおよびウェブの専門家による実測値から、平均的なデータ通信量を算出しました。使用環境や閲覧先により異なります。


高校生のスマホには、どんな制限機能が必要?

高校生のスマホには、どんな制限機能が必要なの?

はい、以下のような制限や管理の機能があります。

種類高1高2・高3内容
時間制限・曜日ごとの使用時間帯制限が主流。
・トーンモバイルは、「夜は検索のみでLINEは停止」「まんがアプリは1日30分」のように、アプリごとに制限ができます。
フィルター(アプリ)・アプリ(ゲーム、LINE、Twitterなど)のダウンロードを制限します。
・特に女子は、巧妙な誘いが多い、SNS、ネットワークゲームの制限がおすすめです。
フィルター(ネット)・有害サイトの閲覧を制限します。
現在地把握プライバシーの関係で、利用は高1までとなるでしょう。
・GPSで居場所を把握。
・トーンモバイルでは、学校や塾への出入りを自動通知します。
・ahamo(アハモ)は、お子さんの居場所確認機能(イマドコサーチ)は利用できません(案内文)。povo(ポヴォ)、LINEMO(ラインモ)は未発表ですが、利用できない可能性があります。
歩きスマホ制限歩きスマホで操作が止まり、保護者へ通知する機種があります。

制限機能を求めるなら、どのスマホ会社がいいのかしら?

はい。以下のように分類できます。

制限機能スマホ会社電波の強度
きめ細かいトーンモバイルサイト、SNSに特化した中速無制限
(動画はWi-Fiか高速チケットを利用)
基本的な制限が可能・大手キャリア(docomo、au、ソフトバンク)
・大手キャリア子会社(ワイモバイル、UQ)
・イオンモバイル
大手キャリア、子会社の電波は1日中安定。イオンモバイルはdocomo回線を指定すると比較的安定。
制限が難しいその他の格安スマホ各社
(楽天モバイル含む)
不安定(NTT系のOCNモバイルを除く)

新プランahamo(アハモ)・povo(ポヴォ)・SoftBank on LINEがお得?

高校生のスマホも、ahamo(アハモ)・povo(ポヴォ)・SoftBank on LINEがお得なのかしら?

はい。ahamo・povo・SoftBank on LINEは、大学生や20代(とくにひとり暮らし)をターゲットにしたプランです。受験を控えた高校生に適したデータ量は、月4GBですので、ahamo・povo・SoftBank on LINEの恩恵は受けにくくなります。

表は横にスクロール可能

月1GB月4GB月7GB月10GB月20GB
大手3キャリア2970円
(ahamo)
2970円
(ahamo)
2970円
(ahamo)
2970円
(ahamo)
2970円
(ahamo)
ワイモバイル
※親もワイモバイルの場合
990円
通話別
2090円
通話別
2090円
通話別
2090円
通話別
2970円
通話別
UQモバイル1628円
通話別
2480円
通話別
2480円
通話別
2480円
通話別
3480円
通話別
イオンモバイル(docomo回線)1078円
通話別
1408円
通話別
1738円
通話別
2068円
通話別
2398円
通話別
トーンモバイル(中速)
※動画は高速チケット別売り
1100円
通話別
1100円
通話別
1100円
通話別
1100円
通話別
1100円
通話別

よくあるご質問

Q LINEをよく使うので、LINE無料のLINEMO(ラインモ)がお得でしょうか?
A いいえ。LINEの文字通信やLINE電話は、通信料はほとんどかかりません(10分間の通話でも0.003GBの通信量)。そのため、LINE無料は単なる宣伝文句です。ビデオ通話や動画の送受信をひんぱんに行う場合のみ、お得になります。

トーンモバイルe21は、月額2381円(機種代、利用料、通話代込み)

速報 新発売 トーンモバイルe21の機能・口コミ・評判は?

トーンモバイルは、全国のキムラヤ、一部のTSUTAYAを相談窓口にする、スマホ会社です。2014年に、子ども用家電・マイファーストソニーを参考に、わが国初の格安キッズスマホを発売した、草分け的なメーカーです。

専売店を持たず、テレビCMを最小限に抑え、ベストワン機種、ワンカラーで展開。浮いたコストにより、インターネット中速無制限など、きわめて格安の料金体系を実現しています。

トーンモバイルは、1都3県など9都県市が利用を推奨しています。9都県市の推奨は、審査が厳しく、大手キャリアでも1社も推奨は受けていません。

制限機能はこども向けスマホでトップ

トーンモバイルe21の制限機能【10点】
  • 1
    使用時間制限 2点
    一般的な使用時間帯だけでなく、総使用時間、アプリ(LINE、ゲーム等)ごとの使用時間を設定できる唯一の機種。
  • 2
    アプリの制限 2点
  • 3
    居場所の確認 2点
    精度が高い。また、学校・塾・自宅の出入りの自動通知もできる。
  • 4
    ネットフィルター 2点
  • 5
    歩きスマホ制限 2点
    精度が適切で、歩いていないのにしつこく作動することがない。

使用時間制限は、アプリごとの使用時間も制限可能!

トーンモバイルは、アプリごとに、1日の利用合計時間または利用時間帯の制限が可能なのよ。

トーンモバイルは、ほかの機種のような利用時間帯の制限だけでなく、総使用時間の制限も可能です。さらに、アプリ(LINE、YouTube、各種ゲームなど)ごとに制限内容を決められる唯一の機種です。夜間は、学習アプリは使えるが、LINEは止めるといった設定も可能です。

アプリ(LINE、ゲーム等)の許可は、子どもからのリクエスト式のため簡単です。許可する場合でも、アプリごとに時間を制限(使用時間帯または総使用時間)できます。

居場所確認は、かなり精密

このほか、居場所把握機能は、画像のように、品川駅(東京都)で在来線から新幹線に乗り換えたことまで分かる精度があり、スマモリなど外部の制限アプリのように、誤動作はありません。

高校生の場合、本人が嫌がるようなら、オフが推奨ですが、女子の場合は、安全対策からオンがおすすめです。また、トーンモバイルでは、学校、塾、自宅に出入りしたら自動通知する機能もあります。親子ともども、毎日の連絡から解放されるメリットがあり、高校生の子でも納得するかも知れません。

※ahamo(アハモ)は、お子さんの居場所確認機能(イマドコサーチ)は利用できません(案内文)。povo(ポヴォ)は未発表ですが利用できない可能性が高いです。

ネットのフィルターは、学校教育水準

トーンモバイルのインターネットフィルターは、学校で採用されているのと同じ、アルシー(ALSI)のものなんですよ。

トーンモバイルのフィルター精度は、非常に高いです。この辺が、大手キャリアでも取れない、東京都など9都県市の推奨を取れた理由でしょう。

YouTubeは、アプリを制限しても、インターネット経由で見ることもできます。そのため、インターネットフィルターの精度も不可欠です。

歩きスマホ警告

トーンモバイルは、歩きスマホ警告が可能です。その精度も適切(厳しすぎず甘すぎず)です。精度が厳しすぎると、少し動かしただけで注意画面が出るなど、操作性がかなり落ち、子どもがスイッチオフを要求しがちです。

トーンモバイルの料金計算

概要(料金表月額料金
基本プラン1100円
電話代(10分間)373円
機種代(2年間で分割)908円
月額合計2381円
(3年目以降の月額)(1473円)

※電話は、通話代別途のプランも可能ですが、月に合計利用時間が14分を超えると、かけ放題が安くなります。

データ利用は、動画の閲覧が別料金となる、中速無制限です。追加になるとしても、Wi-Fi環境以外で動画を見る場合の高速チケット代300円(1GB=動画約3時間分)程度です。1GB=300円は、他社の3分の1以下の値段です。

高校生の子どもに持たせるなら、高速チケット代の300円をおこづかいから引くこととすると、動画の見過ぎが予防できますよ。

※安心オプションは月500円です。もし3年後にスマホが壊れた場合、3年分の保証料18000円に端末交換手数料を足すと23000円。端末価格(19800円)とより高くなります。壊さなければ全てかけ捨てになります。心配な場合、月500円ずつ貯金箱に貯金しておくと、安心です(壊れなかった場合、3年後に18000円のおこづかいになります)。

ヒント トーンモバイルは、未成年の契約は、必ず親権者名義となります。

中速無制限は心配?

トーンモバイルは、耳慣れない中速無制限だから、悪く言う人もなかにはいるけど……。

実際に使ってみれば、中速(0.5~0.6Mbps)は、動画の再生やアプリのダウンロードができないだけで、サイト閲覧やSNS使用は問題がありません(実際に、全国各地で測定済み)。

東京都時間帯年月中速 
下りMbps
サイト
使用感
場所
新宿区8:19(平日)2021.30.79Mbps西新宿
新宿区18:08(平日)2021.30.80Mbps新宿駅西口(都バスターミナル)
新宿区17:55(平日)2021.30.68Mbps埼京線(池袋~新宿)
千代田区13:08(土曜)2021.21.14Mbps岩本町駅(電車内)
千代田区13:22(土曜)2021.20.71Mbps小川町駅周辺風景写真
千代田区20:52(土曜)2021.211Mbps秋葉原駅周辺
千代田区21:02(土曜)2021.216.5Mbps小川町駅(ホーム)
千代田区9:35(平日)2021.317.0Mbps東京駅(地下)
千代田区8:04(平日)2021.317.7Mps東京駅(地下)
千代田区21:06(平日)2021.30.3Mbps△遅い東京駅(地下)
千代田区10:09(平日)2021.316.7Mbps九段下駅(地下鉄車内)
渋谷区12:07(平日)2021.30.28Mbps△遅い初台駅(地下ホーム)
渋谷区20:08(平日)2021.318.5Mbps初台駅(地下ホーム)
渋谷区8:55(平日)2021.30.51Mbps東京オペラシティ周辺
世田谷区19:47(平日)2021.310.0Mbps明大前駅(マクドナルド)
中央区9:14(平日)2021.317.5Mbps馬喰町駅(電車内)
台東区9:59(平日)2021.37.05Mbps東北新幹線(上野駅出てすぐ、地下トンネル内)
江東区16:39(平日)2021.20.61Mbps西大島駅(構内)
江東区15:52(平日)2021.25.49Mbps アリオ北砂(ショッピングモール)
江東区13:41(平日)2021.215.0Mbpsアリオ北砂(ショッピングモール)
江東区13:22(平日)2021.218.2Mbps西大島駅(構内)
江戸川区12:09(平日)2021.30.61Mbps葛西駅前
江戸川区14:35(平日)2021.317.8Mbps葛西駅前
順次更新

※リンクは証拠画像ですが、貼り付けに手間がかかるため、未設定の場合があります。証拠画像は保存してありますので、ご覧になりたい場所があれば、コメント欄からお気軽にご請求ください。

東京都以外の測定、中速のしくみ 👉【最強の口コミ・評判】トーンモバイルを購入し、通信速度などを徹底検証!

月額1500円を実現するために、たった2つの手間をかけられるかどうかです。

  1. 動画やアプリのダウンロードは、Wi-Fi環境で行う。
  2. ランチタイム、夜間のピークなど、読み込みに10秒以上かかったら、迷わず高速チケットを利用。サイトを5ページを見ても、1000MB(300円)のうち7MBしか減らない。

高速チケットのオンは、トップ画面の目立つところから3タッチ。ストレスは少ないです。

ワイモバイル・イオンモバイルは月額4千円前後、制限機能もまずまず

OPPO Reno3

ワイモバイル(OPPO Reno3 A)の料金計算

概要月額料金
基本プラン(スマホベーシックプランS、月4GB) 3242円
機種代
(24回払いで計算)
※実際は36回(440円)ですが当サイトでは、
比較のため24回払いで掲載しています。
660円
通話代(10分以内かけ放題)0円
居場所確認の別途費用位置ナビ(30回)
385円
月額合計4287円

月額費用は4287円です。ahamo(アハモ)・povo(ポヴォ)は、5千円を少し超えますので、1000円安いことになります。ではその安い分損をするかというと、ワイモバイルの電波は、ソフトバンクの子会社のため安定度が高く、損はありません。(ドコモ、auでは、OPPO Reno3 Aの扱いなし)

また、ahamo(アハモ)・povo(ポヴォ)は、家族割がありませんが、ワイモバイルは、2人目から550円ずつ引かれます。

ワイモバイル、イオンモバイルのメリットは、安定した通信速度とかけ放題

格安スマホはダメだ~。全然つながらない~。(=゚ω゚)ノ

IIJmio解約しました。昼時混雑するのはわかるけど朝とか夕方とかも不安定で速度がでるとかでないとかの問題では無くつながらない。格安SIMのデータ通信てどこも同じぽいですね。

最近ワイモバイルにしました! 以前は別の格安スマホにしていたのですが電波が断然強くて快適です♪( ・∇・)

格安スマホは、高速通信に課題があることが大半ですが、ワイモバイルはUQモバイルと並び、大手キャリアの子会社です。そのため、実際の測定値を見ても、格安スマホのなかでは優秀でおすすめできます。また、イオンモバイルのドコモ回線は、ワイモバイル、UQモバイルに迫る安定感を持ち、格安スマホとは一線を画します。イオンの資金力が影響していると思われます。

注目は色つきグラフの下限。下限が0.0になるキャリアはお勧めできません。MMD研究所
大手キャリア格安大手格安トーンモバイル中速トーンモバイル高速
50Mbps超高速
10Mbps高速
2Mbps動画
0.5Mbpsサイト
SNS
0.0Mbps通じない

格安大手とは、ワイモバイル、UQモバイル、OCN モバイル ON(NTT系)、イオンモバイル(ドコモ回線選択時のみ)です。朝夕やランチの電波混雑時でも、サイト・SNSはもちろん、動画閲覧も可能です。

ワイモバイルの制限は、十分納得できるレベル

ワイモバイル【5点】
  • 1
    使用時間制限 1点
    あんしんフィルター(大手キャリア共通規格)で、一般的な使用時間帯制限が可能(アプリごと制限不可)。
  • 2
    アプリの制限 2点
    アンドロイドのみ。iPhoneでは、機種のペアレンタルコントロール機能を利用。
  • 3
    居場所の確認 0点
    別料金の位置ナビが必要。
  • 4
    フィルター 2点
    あんしんフィルター(大手キャリア共通規格)で可能。
  • 5
    歩きスマホ制限 0点
    装備していない。

ソフトバンクの子会社であるワイモバイルでは、大手キャリアに準ずる、あんしんフィルターを利用できます。大手キャリア共通規格のため、機種との相性に関わらず、基本的な制限ができます。

通常の格安スマホでは、外部のアプリを導入しての制限のため、誤動作が見られ、操作感も良くありません(スマホのなかに、別のスマホ画面が毎回起動される操作感で、使うのは子どもとはいえ、気の毒です)。

ワイモバイルのあんしんフィルターは、1位紹介のトーンモバイルのように、アプリごと制限はできず、夜はゲームは禁止だが、スタディサプリはOKというような、きめ細かい設定はできません。

ヒント ワイモバイルを与える場合、勉強させたい時間帯は、機種全体を使用禁止とすることとなります。その代わりに、ご家庭で、勉強にも使えるPCスペースを作ってあげるのがコツです(子ども部屋にPCを置かないようにします)。

オンラインストアは、24時間受付、送料無料です。店舗では必要な手数料なし。また、店舗と異なり、待ち時間や在庫切れがないのも特徴で、疑問点はチャットですぐに解決できます。

iPhoneでしっかりと制限を行いたいなら?

iPhoneは、大手キャリア、ワイモバイル、UQのあんしんフィルターが効かないって聞いたけど?

はい、その通りです。iPhoneは、外部からの干渉に厳しいため、あんしんフィルターの一部機能が利用できません。そのため、親もiPhoneを持ち、アップルの「ペアレンタルコントロール」機能を使うことが必要となります。

親がiPhoneなら、大手キャリアでの購入も選択肢

iPhoneの機種は、iPhone8以降が基本。すると、大手キャリアが選択肢となるわ。格安スマホは、iPhone7を扱うことも多く、android向きよ。

iPhoneの機種は、iPhone12、iPhone11、iPhoneX(10)、iPhone8がおすすめです。性能がガクンと下がるiPhone7なら、androidの高評価機種(OPPO Reno3 Aなど)を選んでください。

大手キャリアは、原則としてiPhone11、iPhone12を扱っています。ただし、auやソフトバンクはiPhone8、iPhoneX(10)の在庫があることがあります。

ワイモバイルは、2月中旬にiPhone12を入荷します。通信容量は3GBですが、超過しても最大300kbpsとなり、サイトは見られ、勉強優先の高校生にちょうど良い量です。5G対応のiPhone 12は、少し贅沢ですが、現在の選択肢(写真)を見ると、筆者ならこれを選びます。

ポイント 親がiPhoneでないと、制限が十分できなくなり、子どもがゲーム漬けになるなどのリスクがあります。

親がiPhoneでない場合、トーンモバイルSIMカードがおすすめ

親がiPhoneでない場合、トーンモバイルのiPhone用のSIMカードが便利よ。androidのスマホやPCから、子のiPhoneを制限できるのが特徴なんですよ。

ポイント 通信速度は中速無制限となり、動画は格安ですが高速チケットが必要です。その代わりに、月額料金は、1600円(LINE開設に必要なSMSオプションをつけた場合)で済みます(親がトーンモバイルでない場合、200円加算)。

中古iPhoneの購入は、トーンモバイル推奨のイオシスで、SIMロック解除版iPhoneを購入し、トーンモバイルから郵送されるSIMを差し込むだけで、すぐに利用できます。兄弟や親のお下がりは、SIMを差し込むだけです。想像より簡単です。
(SIMロック解除版なら、au、ソフトバンク、ドコモのどれでも同じです)

ヒント iPhoneの機種は、iPhone12、iPhone11、iPhoneX(10)、iPhone8がおすすめです(9は欠番で存在しません)。性能がガクンと下がるiPhone7なら、androidの高評価機種(OPPO Reno3 Aなど)を選んでください。

2021年2月現在なら、iPhoneX(10)は、良品で4万円が相場です。なお、容量は高校生なら、動画や音楽を十分保存できる、128GB以上が安心です。なおiPhoneXR(テンアール)は画面が大きいですが売れ筋で、1万円以上高くなります。(イオシスの料金)

2021年2月現在なら、iPhone8も、良品で4万円が相場です。なお「Plus」がつくと画面が大きくなりますので、動画授業やゲームを使う高校生も合います。(イオシスの料金)

中古では心配、という感覚もあるかも知れませんが、iPhoneは1年で新しい機種が出るから、毎回買い替えているファンがいるのよ。

はい、その通りです。とくに「中古Aランク」は、高く買い取ってもらうために、液晶保護フィルムを貼るなど、大切に使われています。

iPhone用のSIMカードは、 トーンモバイル公式ですぐに購入できます。 オプションは、SMSオプション(LINE開設に絶対に必要)のみがおすすめです。

※安心オプションは月500円です。もし3年後にスマホが壊れた場合、3年分の保証料18000円に端末交換手数料を足すと23000円。端末価格(19800円)とより高くなります。壊さなければ全てかけ捨てになります。心配な場合、月500円ずつ貯金箱に貯金しておくと、安心です(壊れなかった場合、3年後に18000円のおこづかいになります)。

ヒント トーンモバイルは、未成年の契約は、必ず親権者名義となります。

高校生のスマホは、LINE・ゲーム・動画・まんがの時間を制限できることが最優先

高校時代は、大学などの受験を控えた重要な時期です。筆者の予備校講師時代の経験から、受験に成功した生徒と失敗した生徒には、以下のような差があります。

 受験に失敗した高校生受験に成功した高校生
ゲームパズル系はじめ、時間だけを大量に消費するゲームに熱中していました。ゲームに費やす時間は限られていました。
LINE常にLINEはON。勉強中には、わきに置き、再三画面を見ていました。・勉強中はLINEをOFFにしていました。
・「夜は親に使わせてもらえない」など、適当な理由をつけ、返信の頻度を調整している傾向がありました。
ネット閲覧・掲示板のまとめサイトなど、質が低いメディアをサーフィンする傾向でした。
・動画を、おすすめをもとに連続再生する傾向がありました。
・ウィキペディア、ニュースサイトなど、比較的質の高いメディアを見る傾向がありました。
・勉強関係の調べものに、ネットを使用する傾向がありました。
スマホ依存起床後から、就寝直前まで、学校の授業中を除き、スマホのスイッチを切ることはありません。塾ではスイッチを切る、友人同士の会話ではスマホを使わないなど、ルールを決めて行動していました。
電車内の行動定期試験前も、通学の電車内では、ゲームやLINEなどに時間を取られていたようです。定期試験前は、通学・下校時も、勉強していたとのことです。

このような日々の過ごし方の差は、将来に大きな差を生みます。高校生の将来は、保護者がスマホをどう使わせるかが非常に重要となります。ぜひ、子どもの将来を見据えたスマホ選びをしてください。

コメント

  1. 佐藤 より:

    お前やばいな。
    なんもわかってねぇじゃん。そんなんじゃ中高生はよろこばねぇよ。

    • 子ども向けスマホ.jp より:

      お忙しいところコメントありがとうございます。ご紹介した機種では「中高生はよろこばない」とお思いなのですね。その点、もっと詳しくお聞かせ願えますか?

  2. kimn987 より:

    V04めっちゃ古いし、Reno3AよりAQUOS sens4の方が性能いいですよ!

    • 子ども向けスマホ.com より:

      コメントありがとうございます。
      正確な数値を確認しましたら、ゲームをするにしても、AQUOS sens4の方が処理能力が高いことが確認できました。
      さっそく記事内容の改訂を行います。
      なお、AQUOS sens4は、大きな横幅、色あいの面で、高校生にすすめるにはどうかという面もあり、その辺もバランスよく書いてみます。

タイトルとURLをコピーしました